志学ゼミ田端進学教室の職員室

アクセスカウンタ

zoom RSS 高1・2生のための保護者会

<<   作成日時 : 2017/04/14 06:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
高校・個別の担当は向井、新任の相澤がさせていただきます

向井のほうから、大学入試の志学ゼミの入試方法を説明させていただきました。

北区、荒川区の学習塾,志学ゼミ塾長の阿部です

田端で30年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 http://shigakuzemi.info/results/index.html]]、[[成績UP実績 http://shigaku-zemi.at.webry.info/201505/article_18.html]]はこちらをご覧ください。

センター試験で滑り止めを作り一般入試に向かって行きます今年度は文科省からの大学への通達で合格者数の水増し数に制限がかかりました。

例年通りの合格者数を見越して予備校は判定を出していたためB判定でも不合格、A判定でも補欠という事態が生じました。確実なA判定の大学を受験されることをお勧めしています。

国公立大学はセンター試験の得点を基準にどこに出願するかを決めます。私立大学はセンター試験の前に出願する学校、センター後に出す大学があります。

各大学の出願はインターネット出願に変わってきました。インターネットで申し込みをしてプリントアウトします。出願料をコンビニ等で支払い、支払控えをもらいます。調査書、この3点を添えて大学に送付します。

これは実際今年あった話ですが、ネットで申し込みをした際、試験日程を間違えて思い込んでしまい試験が受けられなかったことがありました。余裕をもって準備をしていただく必要があります。

補欠合格は繰り上げ合格となる場合と1名も繰り上げなかった場合があります。ですから補欠だから受かるだろうと安易に考えると痛い目を見ますので要注意です。

AO入試は各大学が5月に日程内容を発表し8月以降に試験は実施されます。自己推薦は内申点がある程度クリアした皆さんが11月以降に出願します。

英語は水谷、塾長が担当しています。今後、相澤が加わる予定です。

数学は高1の間に高2の内容が終わる予定になっています。現高2生も予定通り高2の内容がほぼ終えています。担当は東大の院生、高3は大洞講師が担当しています。国語は向井、今後は相澤も加わります。古典文法、漢文、現代文を進めています。高3の現代文は水谷が担当しています。

理科社会は土曜日に行っています。高3から理科社会の選択をされる場合が多いのですが、部活のない諸君、早くから準備をしたい諸君にはぜひとも受講されてください。

都立高校のほとんどが理科社会が12月でも終わらない学校が多いことも事実です。


鉄人から英語の授業の説明をさせていただきました。

鉄人クラスのメリットは3つあります。

1つ目はテクニックではなく正攻法が得られるということです。

例えば「名前動後」【名詞のアクセントは前、動詞は後ろ】という予備校の講師が開発したことばですが、その世代の人がマスコミ等で話すものですから間違えたアクセント、発音が蔓延しています。Adviceがそうですね。日本語では忠告。名詞ですね。

ですから前にアクセントがあることになりますね。しかし正解は後ろにアクセントがあります。確かに名詞の80%はそうですがすべてはそうだと限りません。Musician【ミュージシャン】もそうですね。前にアクセントがあるように発音されることがありますがこれも間違えです。

また長文は問題から呼んだほうがいいのか、設問から類推したほうがいいのかという質問を受けます。テクニック本では設問から入るというふうに力説する場合もありますが大学で読む場合でも通用する読み方を教えます。

 私は本物の英語を教えます。発音、アクセントには特にうるさいのが私です。発音記号を学んでも発音はできません。カタカナで表記して教えますがそれなりに通用するように教えています。

アメリカ人、イギリス人、日本人の考え方は違います。私は長い留学経験がありますのでその考え方を教えることができます。

 3つ目は分析と知識です。

私はなぜそうなのと考えるほうなのです。例えばbig,largeの違いです。面積、体積の違いと辞書に載っていたりしますが分かりづらいですね。Bigは主主観的、largeは客観的に言える大きいです。コーラのサイズがSMLがありますね。他と比較してだれが見ても言えることなのです。アメリカについてもその年の場所、地理、歴史、政治制度、文学などの知識を教えながら英語を教えているのです。

 今、私の授業では高1の3月から英文法を学びます。4月で22章のうち10章が終わります。ゴールデンウィーク明けに中間テストがありますので進めるうちに進みたいのです。

8月末までには1通り終わります。9月から2回目が始まります。普通の高校では1回だけです。8月終わりから速単(Z回)が始まり高校の夏までに終えます。

高2生は問題集で夏までに英文法の入試問題をこなします。高2からセンター試験レベルをこなします。高3からは私立の一般入試、国立の二次レベルの問題に取り組みます。

センターレベルで高1では80点以上が目標です。夏以降100点以上が目標となります。高2から120点、夏以降が140点、高3でこのペースで行くと夏で160点、そして9割へ進むわけです

センター問題を1年生から取り組むわけですからかなりの量をこなすわけですからしっかり取り組めば力が付いてきます。

 そのための条件があります。それは時間の管理と活用です。それにはバイト、男女交際、部活が問題になるのです。これらは時間の無駄です。

また体を壊したらどうしますか?毎年、部活で疲れ果てて夜、勉強ができない、ついて来れないことが生じます。そういった諸君は部活をやるべきではないのです。

もっと前に部活を引退して真剣に取り組んでいたらと私自身も後悔が残ります。ですから計画性がものをいうのです。そのためにも目標が必要です。ですから夏にはぜひともオープンキャンパスに行ってほしいのです。浪人して伸びるのは理科社会ですね。

相澤から自分の体験談を話をさせていただきました。

小石川高校入学時の1週間で数学の進行が速すぎてもうだめだとあきらめました。

軟式野球部に入っていました。部活をやっていることで自分に言い訳をしていたのでしょうね。

しかし同じ部活の連中の名kに東大、東京外大に現役合格した者もいました。私は浪人して大学合格をした口ですから決して要領がいいわけではありませんでした。

やはり計画性が甘かったといえます。

先日も秋田大学の医学部に進んだ学生が訪ねてきました。中学時代に東日本大震災の時に国境なき医師団の存在を知り、自分もそうなりたいと医学部を目指します。

そしてこの春、アフリカのザンビアの無医村を視察し、診療所設立を志していくのです。その目の輝きにはロマンを感じましたね。「少年よ、大志を抱け」といいたいですね。

私(塾長)のほうから一言。高校生の男の子とお母さんの関係はなかなかむつかしくなる場合が多いとお聞きします。

親はこうしたほうがいいと思っても「うるさいなあ」になってしまいがちです。ですからそんな時は「塾の先生に話してご覧ん。その結果を教えてね」でいいと思います。

親は子供が話をしたそうなときに話しを聞くことをお薦めしました。何気ない会話が子供にとってはすっきりとした気分になるものです。

保護者様からの感想
○鉄人の話がよく出てくるので、お会いしてお話ができてよかったです。
○最新の入試の傾向がよくわかりました。
○理科系は理科でやりたいことが決まるのですね。
○子供から詳しい授業の進行が聞けませんので、どう進んでいるかを伺えてよかったです。
○何気ない話を聞いてあげることって大事なのですね。
○日常の何気ない発音、アクセントは結構間違っているんですね。
○補欠合格が結構増えているのには理由があることが分かりました。
○bigとlargeの違いはなるほどと思いました。
○学校の英語の先生と合わずに困っていましたので少し展望が見えてきました。
○国立受験のためには英数を早く固めないと難しいことがよくわかりました。
○高3でオープンキャンパスに行くのでは遅すぎますね。

田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F〜4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時〜23時)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高1・2生のための保護者会 志学ゼミ田端進学教室の職員室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる