志学ゼミ田端進学教室の職員室

アクセスカウンタ

zoom RSS 素朴な質問 「日付変更線をこえるとどうして1日ずれるのですか?」

<<   作成日時 : 2018/04/07 11:24   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
先日、ある中学生からこんな質問がありました。

日付変更線を越えるとなんで一日ずれるのですか

素朴な言い質問です!

北区、荒川の学習塾、志学ゼミの飯倉です。

田端で30年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 http://shigakuzemi.info/results/index.html]]、[[成績UP実績 http://shigaku-zemi.at.webry.info/201505/article_18.html]]はこちらをご覧ください。


確かに世界地図を見ると日本の東の太平洋上に日付変更線という線があります。
そして、この線を越えると日付が一日ずれます。
別にタイムスリップしているわけではありません。

ではいったい何が起きているのでしょう?

まず中学の社会の資料としてよく配られる地図帳を見てみると、世界地図の中央付近に日本があります。
日本の西には中国があり、そのさらに西にヨーロッパやアフリカがあります。

東には太平洋をはさんでアメリカやブラジルがあります。
日付変更線はというと地図の中央付近、日本の少し東にあります。

なんで世界地図の中央付近にこんなややこしい線があるのか?

実は世界地図の中央だと思っている場所は、もともと中央ではなかったのです。

中学の資料集などに出ている地図は日本で使うことを前提としています。
なので「日本から見て世界がどうなのか」が分かりやすくなるように日本が真ん中らへんに来るように作ってあります。

ではもともとの地図とはいったいどんなものだったのでしょう?
地図帳をよく見ると日本の位置は東経135度の線に乗っかっています。

東経135度とは東に135度行ったところという意味です。
東に135度、いったいどこから135度行ったところなのでしょう?
日本から西に行けば行くほど東経の数字は小さくなっていきます。

そしてヨーロッパのところで0度になります。
0度の線にはイギリスのロンドンが乗っかっています。
そうです。

世界地図の真ん中はイギリスだったのです

イギリスのロンドンを中心に東にどれだけ行ったところ、西にどれだけ行ったところを表していたのが経線だったのです。


田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F〜4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時〜23時)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
素朴な質問 「日付変更線をこえるとどうして1日ずれるのですか?」 志学ゼミ田端進学教室の職員室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる