今月はコーチング月間<受験は人生の通過点>                   志学ゼミ田端進学教室

画像
7月に入る前に決定していたことですが、今月は中学生には一人一人、一学期の反省をもとにコーチングを始めています。高校生は試験等もありますので終了者より夏休みにかかりますが行なう予定です。

まずは自分の立てたサクセスストーリーに各自の将来の夢、やってみたいことを記入して頂きます。それが出来た諸君から面接です。

一般的にカウンセリングは過去の話に基づき、コーチングは未来の話が基となるそうです。もちろんそうで無い場合もあるでしょうが。

そして今回の定期テストの反省から。点数を見ながら本人に話を聴きます。面接となると「怒られるんじゃあないのかな」と最初は不安な顔がありますが。

この点数は君の100%の力からすると何%くらいの力が出せた結果なのかなあと話を切り出します。自分からこうすればよかったという声が出てきます。私を含めた講師は黙って聴きます。

みんなそうですが自分で出来た科目より出来なかった科目を気にします。ですから必ず出来た科目を指摘します。「何」をすればよかったのか。「何」をすれば上がるのかを考えて発言を待ちます。ここで具体案がどんどん日程とともに出てきます。そして次回の目標を記入していきます。

そして今、一人一人「将来の夢」を語ってもらいます。みんな考えているんですね。小中学生はほぼ出てきますね。高校生は「悩む」時期ですから逆に分からないとなる場合があります。
しかし興味のあることがあるのですからその延長を考えてみることとしています。もちろん高校生にもサクセスストーリーの目標の欄に記入してもらっています。

「将来の夢」から話を始めます。先生になりたい中学生なら、資格を取らないといけないね。どうしたらいい?と問いかけてみます。そうするとそのためには大学へ行きたい。大学へ行くためには大学進学を狙える高校へ行きたいという話しが出てきます。

そのための偏差、内申という話になってきます。そして現状との比較からどのくらいになればいいのかな?という生きた数値の話をしていきます。

そのためにこの夏、8月の待つまでにはどのくらいという達成目標を考えてもらっています。

「モチベーション」を上げるという言葉がありますが、これは「外」から言われてもなかなか上がるものではありません。あくまで「内」。自分がともした火でないといけないのです。そのためのコーチングです。

我々は諸君がうまく行くために「何」をしたらいいかを考え、提案します。諸君が伸びると、伸びようとする時こそ我々の喜びでもあるのです。

塾長
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック