なんで勉強をするの?<受験は人生の通過点>                   志学ゼミ田端進学教室

画像
志学ゼミのコーチングは「将来何になりたい」これを考えてみてごらん。ここから話を始めています。

これは小学生だけに関わらず、中学、高校生にも同じなのです。毎日、数名ずつですがお話を私を含めた各講師が聴いています。お話ができていない諸君、もう少しお待ち下さい。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

夏休みの夕方に時間を作り、高校生との話を進めるつもりでいます。小学生、中学生のコーチングは夏休みに入る前に終了予定です。各自将来の夢、やってみたいことを考えておいてくださいね。

小学生はいくつもあるからどうしよう。という発言がいいですね。

そうなんです。まずこの目標を想像するところから始めましょう。

次はその職業はどうすればなれるのかを考えてみましょう。

大学、専門学校でで資格をとる必要がある。幅広い知識を得る必要がある等が出てきます。分からない場合はアドバイスをします。

その職業で大切なことは何かを考えてみましょう。

具体的に自分がそうなっていることを想定していますから「何」が必要かに頭をめぐらせています。例えば「ニュースレポーターになりたい」というなら正確にわかりやすく話を伝えることといった具合に自分から答えが出てきます。

話をしながら気が付いたことをどんどん言ってみましょう。

それではそのために今何をしたらいいかを具体的に考えて話して、書いてみましょう。

将来の仕事と今の勉強の接点が見つかりましたか?

そうなんです。意外なことに今の勉強と将来の夢はつながっているのです。

「なんで勉強をするのだろうか」という素朴な疑問は大切なことです。以前、教育セミナーでもお話をしましたが、すんなり原点に返るものを持たせたいなと考えての塾生との面談です。

「やらされる勉強から自分でやる勉強へ」そこには各自の動機付けが必要です。その動機付けとは~になるために勉強しているという自分がいないといけません。今の私の最大の取り組みなのです。

人から「気合」を入れられての勉強は「気合」を入れ続けられなければ続けられることは出来なくなります。ああそうだった自分は今~を目指しているんだった。そのために大学へ行くんだ。高校は、中学は~ができるところを選ぶんだといった意識ですね。

「目標」があるとないとではモチベーションが大違いです。今回はこれをしっかり自分で「意識」することが目的です。

「なんで勉強するかわかった?」という問いかけに「わかった」という発言は嬉しい限りです。

塾長


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック