「凡事徹底」 読み終える<受験は人生の通過点>

画像
講習中も毎日読書ノートは続けました。1ページ読んでは疑問を投げかけ、次の時間までに答えてもらう。そうすることで自分で考えることを想定していました。

イエローハットの鍵山社長の伝記を読みながら、各自学ぶところが大きかったと思います。小学生には小さな文字でしたが、良く頑張りました。

今回その「凡事徹底」についての感想文を書くことにしました。

まず自分の心の中に残った言葉、文を書いてもらいます。

そしてその言葉や文がどうやって生まれたてきたのかを、事実を元に本文から引用してもらいました。

次に自分の経験を書き、できたこと、できなかったことを検証してみます。どうして、何故そうなったかを考えてもらいました。そして、こうしたらよかった、こうすべきだったということに気付いてもらいました。

そこで本文の原点に帰り、鍵山社長は何故掃除にこだわったのかを考えてもらいました。

自分が選んだ言葉、文の中に、自分の無意識の中の意識がフロイトではありませんが働いているのです。そして自分の選んだ言葉、文に着目して欲しいのです。自分が何故それに引っかかってきたのか。それは今自分に必要なものだからなのです。ですから自分が身近なことから何を考えていくかの手立てになるのです。

「何でもいいから 具体的に動くことだね」と相田みつをさんは言いました。

そうなんです。気付いたらまず動いてみることなのです。そうすると動きながら考えるわけですが、頭と体が一致して、自らの答えを導き出そうとするのです。

今週は、各学年ともこれに挑みます。


塾長

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック