塾生が作った携帯待ちうけ画面

画像
中高生とも講習は終了しましたが、補修が続いています。ここまでというハードルを自分に越えるためにやるのです。そんな昨日のことでした。

中三のピノが先生これを見てと私の前に差し出したもの。それは携帯電話の待ち受け画面でした。おもわず「えっ」と驚いてしまいました。

「繰り返しできるまでやる。それが志学魂」となっているではありませんか。嬉しいやら感激するやら。そうすると、私のもといいながら、何人かが差し出したのです。他の学年の部屋に行っては「これを見てご覧ん」と見せて回りました。私も単純ですね。

何人かの後輩も私のもといいながら自分の待ちうけ画面にしていました。もちろん強制はしません。

しかしよく作ったねネ。というと、サイトがあるから簡単とニコニコしながらいうのです。自分でつくったものより塾生が使ったものは感慨がひとしおです。

画面は文字が白、背景が黒です。私は「びみょう~」と言う言葉は好きではありません。白か黒かをはっきりする性格ですから、すぐすぐ塾の携帯電話にも待ち受け画面にもしました。

彼女の夢は「自分のブランド商品を作り、人を癒すことだそうです」。人を癒すことそれはまさに人を喜ばすこと。彼女にはそれが備わっているのだなあと思いました。

みんな自分の中に「少女パレアナ」がいるのです。

早速、岩野先生が「英雄列伝」の賞状を作ってくれました。人を喜ばす意図で作ったわけではないでしょうが、私をこんなにも感激させてくれたことへの感謝です。みんな、ありがとう。

昨年度は大学入試クラスの卒塾生が「わかりあうよろこびがここにある」というタオルを作ってプレゼントをしてくれました。

何を作ってくれとか言っているのではありませんからネ。何気ないことが人を喜ばすことがあるんだなあと感じてくれれば嬉しいのです。

ありがとう。

塾長

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック