国語授業報告! 

 
画像

 こんにちは!志学ゼミ国語講師のそわ☆です。本日は、現代文読解マラソンと古典単語テスト100・古典文法「る・らる」「す・さす・しむ」「き・けり」・読解マラソンを行いました。
 いつになく皆さん真剣な様子で取り組んでおられました。センター試験まであと3ヶ月チョットとなり、ふんどしを締めなおしたのでしょう。
 さて、本日行っていた授業で、チョット面白い知識があったので書かせてもらいます。

問題
   家来多く討た、馬の腹射させて引き退く。(平家物語)

     傍線部の意味と用法に注意して逐語訳せよ。   (同志社大学 改題)

 古文を少し勉強されている方なら、「おっ!使役の助動詞のす・さすじゃん」と、すぐ気付くでしょう。ちなみに、使役の助動詞の識別方法はご存知ですか?使役の助動詞「す・さす」には、使役という意味と、尊敬という意味があります。使役=お使いさせる=お使いさせる人は偉い人ということで、尊敬の意味があるといわれているのです。

 この二つを見分けるのはすごく簡単です。まず、①「す・さす」を見つけたら、○をつけます。次に②その下を見ます。下を見て、「尊敬語」がなかった場合は、一発で使役です。③「尊敬語」があった場合は主語と動詞の間に格助詞の「に」(~に行く・~に渡す・~にさせるの「に」です)がある、または補えるかを判断します。④そこで、補えたら使役です。補えなかったら、尊敬です。

 世の受験生はこんな感じで、古典文法を解いております。(国文科の大学教授なんかに見られたら怒られそうですが・・・)

 では、本問ではどうでしょう?

 家来多く討た、馬の腹射させて引き退く。

 「討たせ、」、「射させて」ですから、後ろに尊敬語がありませんね。とすると、使役だ!として、訳しますか?

 しかし、同志社大学はそんなに甘くありません。現場で使役で訳すと、△がつきます。

 実は、これ…「受身」で訳すのが○の答えになります。

 ポイントは、この文が軍記物語ということです。この時点で、よ~っく古典を勉強している方はお気付きかもしれません。

 軍記物語は、勇壮果敢な物語です。矢で「射られた」とか「やられた」とか書くと格好悪いですね。だから、こういう軍記物語においては、やられるところのシーンで、使役の表現を使います。つまり、「射させてやったのだ」「やらさせてやったのだ」と表現することで、弱々しい感じを払拭しようとしたのですねえ。これの意味、本質は「受身」です。だから、意味と用法に注意しながら、逐語訳すると、「家来は大勢討たれ、馬の腹も(矢で)射られてしまったところで、退却してしまった。」となります。

 さすが関西の雄、同志社大学、細かい所を聞くなあ。

 しかし、このような知識は非常に細かいものです。作成側も、よく勉強していれば、解けることもあるだろうという感じで出しているのでしょう。この様な知識よりも大切なのは、「す・さす」の見分け方です。まず、この知識をしっかりと頭に入れてしまいましょう。

 昔の人って、ほおんとうに、ええかこし~だったんですね。まあ、そのスピリッツを受け継ぐ私達も、異様に世間体やら、周りの評判やらを気にしますよね。日本人て、そんな人種なんですね。

 今日の私の授業を受けてくれた人へ…復習のススメ

  単語テストで間違えた箇所を、次回のテストで間違えないようにしておこう!

  現代文は、今日といたものの中から、二、三点ピックアップして、要約をしましょう!

  古典は、品詞分解して、簡単な訳をしてみましょう!

 次回までの宿題は、現代文11回までと、古典8回まで。単語は100個程度ランダムで出します。文法は「ぬ」「完了助動詞」「なり」「に」あたりを復習しておいてください。

 塾生さん。本日もお疲れ様でした。 受験生の皆さんもおつかれさまです!

 そわ☆

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

 

  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック