鉄人の英語のポーカーゲーム

画像
「高等部の英語では」9月から授業にゲームを取り入れています。トランプゲームのポーカーですが、一般のトランプゲームのポーカーとは少し違います。そこで考えました。

普通のポーカーは3~4人で、各自が5枚のカードを持って行ないます。5枚のカードの中に同じ数字のカード1組が揃えられれば、ワンペア、2組ならツーペア、同じ数字3枚ならスリーカード、3枚と2枚ならフルハウス、4枚ならフォーカード、同じ数字4枚とジョーカーならファイブカードで順に強い持ち札になり、揃えた持ち札の強さを競い合うゲームです。

ただ、水谷流の英語ポーカーは5枚のカードを使う点を除いてはルールが違います。

クラスの塾生達を数グループに分け、授業中の質問に各グループの誰かが正解できたら、その英単語もしくは英文のアルファベットの1文字を選ぶことができます。もちろん単語は授業で扱ったものが対象となります。その持ち札はそのグループの持ち札になるのです。

各グループは持ち札を増やし、AA のように同じアルファベットの文字1組ならワンペア、AABB のように2組ならツーペア、AAA のように同じアルファペットの文字3枚ならスリーカードと、一般のポーカーに似てはいますが、少し違ったルールを使います。

また、TO や PEN のように意味を持つ英単語を作っても、ワンペア、スリーカードと見なされる点が一般のポーカーゲームとは異なります。特に5枚全てを用いて APPLE のような意味のある英単語を作れた場合には「ロイヤルストレートフラッシュ」という最高位のファイブカードに次ぐ強い組み合わせになります。

塾生諸君は授業中、質問に正解した場合、どういった組み合わせを作るかに頭を働かせる必要があります。英単語数を増やすことにもなるでしょう。

1番になったチームは水谷との勝負になります。水谷は用意したトランプから5枚のカードを取り、一般のポーカーゲームのルールに従って、1番のチームとの組み合わせの高低を競います。

水谷に勝てれば全員が5点の得点を得ますが、1番負けたチームはその代表がトランプの束からカードを引き、水谷の引いたカードより低い数字の場合にはその差がマイナスポイントとしてそのチームの全員につきます。

「ポイント制」と「継続できる」を考慮に入れて思いついたこのゲームは高等部の水谷講師の「黒い皮ジャン」、「ビリヤード」、「ニヒルな微笑」、「理屈っぽい」というイメージにピッタリマッチしているのではないでしょうか?「僕とポーカーをやろう」と誘われたら、高等部の諸君は水谷の挑戦を受けてくださいね。

鉄人
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 高校説明会②

    Excerpt: 今日は江ノ電沿線にある鵠沼高等学校の説明会。鵠沼高等学校の説明会は今回は初めての Weblog: 身近な教育現場から racked: 2006-09-12 02:16
  • 高校説明会ー鵠沼高等学校

    Excerpt: 今日は江ノ電沿線にある鵠沼高等学校の説明会。鵠沼高等学校の説明会は今回は初めての Weblog: 身近な教育現場から racked: 2006-10-12 03:30
  • 高校進学説明会ー横浜創学館高等学校

    Excerpt: 10月6日 横浜創学館高等学校。その日はとにかく朝から強風と雨のひどい天気。横浜 Weblog: 身近な教育現場から racked: 2006-10-13 01:10
  • 高校進学説明会ー横浜創学館高等学校

    Excerpt: 10月6日 横浜創学館高等学校。その日はとにかく朝から強風と雨のひどい天気。横浜 Weblog: 身近な教育現場から racked: 2006-10-22 16:14