(社)日本青少年育成協会の教育コーチ認定校に決まる

画像
今年から取り組んでまいりました、教育コーチですが、この度(社)日本青少年育成協会の認定校に決まりました。ありがとうございます。

みなさまのご協力のおかげで、8月26,27日と準上級教育コーチの研修に行かせて頂きました。入門、初級、中級に続いてでした。

しゃべくりな私の今年のテーマは「聴く」ということ。この半年で気が付いたことは、やはり自分自身が相手を「思うようにしよう」としていたところが多かったのではないかという反省が出てまいりました。

「こうなってほしい」とつい思ってしまう私がいます。それはあくまで「やらすこと」の範疇を出ていないのです。そうすると、また「やらさないと」できない状況がうまれます。そうなんです。誰かにいつも言われていないとできない状況。これではいつまでたっても「自立」にはなりません。

自分の中から出てくるのも。それがあってこそ継続したモチベーションになって行く。ここのところをしっかりおさえること。そこから始める。

テストがいつある。だからやるではテストがなければしません。ではどうするのか。

まず、将来の夢、なりたいもの、やりたいことを考えて見ましょう。その話をまずご家庭でも聴いてみてください。塾内でも一人一人聴いています。

そこからなんです。その職業、やってみたいことに「何」が必要なのか。面接をするとすぐ勉強の話がご本人から出てしまいますがそうではないのです。その仕事をやっているとしたら、その仕事をする上で「何」が必要なのかを挙げてもらいます。

いくつか出てきたら、何をしたら自分が生き生き、楽しくできるのかを考えてもらいます。それを実現可能にするためにはどうしたらいいのか。進路を考えてもらいます。

そして、今やっている勉強との共通点を気付いてもらいます。そこでの「発見」を大切にして確認してみます。

「そうか、今やっている勉強と将来の仕事なり、やってみたいことはこうつながっていたのか」ということに気付いていただきたいのです。

つまり自分で戻れるところ。原点を押さえて入るかどうかが大切なのです。

私は単に資格が欲しくて教育コーチの研修を受けているのではありません。自分にはまだ足りないことがたくさんあると思うから学びたいのです。

塾長
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック