とにかくやってみる!大事なこと!

画像

 皆さんこんにちは!志学ゼミ講師のそわ☆です。本日は最近そわ☆が心に思ったことをつぶやかせていただきます。

 よくカウンセリングなどの時、将来のことなどを聞くと塾生さんは「なりたいものがないのですが…」と答えが返ってきます。でも、なりたいものが明確に定まっている人などそんなにたくさんいるんでしょうか?多分いないと思います。

 もちろん「これがやりたい」と決まっている人は、一心不乱に目指してほしいです。若いうちは、なかなか自分の将来像について明確なビジョンをもてないのが普通です。

 しかし、よく考えてみてください、その仕事を少しも経験しないうちにやってみたいというものができるでしょうか。そんなことはないはずです。TVや雑誌で取りあげられるその道のプロと呼ばれる人たちも、明確にやってみたいと思って最初からその仕事をやっていたという人はマレです。みな、ある仕事に携わって仕事をやっていくうちにのめりこみ、更に興味を持ち、打ち込むうちにプロと呼ばれるようになり、誇りを持って仕事をこなすようになるのではないでしょうか。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

 思い出してみるとそうなのですが、何でもかんでも、最初から好きなものより、いやいやながらもはじめてみて、時間がたつとその魅力に気づきはまっていったもののほうが多い気がします。もちろんそうでない人もいるでしょうが。

 迷ったら、とにかく手を出してみることです。私は自分でチョットでも興味が沸いたらとにかく手を出します。今までに数限りなく色々なものに手を出しては飽き、手を出しては飽きを繰り返してきました。しかし、その中でも私のライフワークとなるようなものにも出会えました。チャレンジしてみなかったらきっと、この楽しさはわからなかっただろうなと思うものがたくさんあります。(ただし、お金と時間はかかります…泣)

 今学生にいえることは、とにかく迷ったらチャレンジしてみるということです。なかなか頭で考えていてもわからないことは多いです。とにかくやってみましょう。何か自分のライフワークとなるべきものにめぐりあえるかもしれません。もっとも、やるからにはリスクが伴うことは忘れてはいけません。失敗することもあるのです。しかし、その失敗も自分の将来のための失敗となるならそれはそれでいいかもしれません。

 受験生は、大学に入ってからでもいいです。とにかく自分の興味がわいたものにとりあえず関わっていきましょう。いろいろやっていくことでそのうちに自分のやりたい方向性が見えてくるはずです。最初から見えているものなどないのです。今見えなくても焦る必要はありません。少しでも見えないものを垣間見るために、大学生時代にいろいろとやってみましょう。それが、学生時代の一番有意義なすごし方ではないかと思います。

 それでは皆さん頑張ってください!
        
                                     そわ☆

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック