受験生心得~受験1ヶ月前~

画像
 皆さんこんにちは。志学ゼミ国語講師のそわ☆です。今日は先週の予告どおり、受験一ヶ月前のすごし方の心得を、体験談と反省を踏まえて伝授したいと思います。

 まず、最初に受験一ヶ月前の三原則から!

 原則1 新しい教材は使わない!

 原則2 勉強以外の事物は全て、徹底的にカット!割り切る!

 原則3 受験向けの生活リズムを作る!
    →テスト開始時間(だいたい10時)の三時間前には起床する

 原則1について
 
  受験直前期にはさまざまなまとめ集的な教材が売られ始めます。しかしながらこのまとめ集というのは、基礎的なポイントだけを広い集めたものや、既存の参考書の要約みたいなものばかりであまり使えません。この時期に必要なのは自分ナイズドされた参考書・単語帳です。
  ここには、自分の弱点や、重要ポイントを詰めておきます。みなさんには受験一ヶ月前までに、自分用にカスタマイズした参考書を一教科にひとつ用意しておくことをお勧めしておきます。自分が苦手なところをチェックしておいたり、マーカーで線が引いてあったり、何でもかまいませんが、自分にあった弱点集を作っておきましょう。
  私は、自分の使っていた参考書や問題集で分からなかったところをその日のうちにコピーして、次の週までとっておき、次の週に答えられたら捨てて、答えられなかったらとっておき、また次の週に回すというようなことをやっておりました。二回間違えたものは永久保存版として、ファイリングしておきます。そのようにすることで、とっておきの弱点集を作ることが出来ました。ぜひ皆さんも、弱点集を作り、受験前の総整理に役立ててください。

 原則2について
  
  第一志望校の一月前になったら、勉強以外のことは割り切りましょう。友達の誘い、彼氏・彼女の誘い、TV、ゲーム、マンガ、その他いろいろな誘惑があります。しかしながら、このような誘惑を全て割り切って受験に打ち込むことが、最後の最後で自分の力を伸ばすことに繋がります。私はセンター試験で、なんと、国語ⅠとⅠⅡを間違えてしまい、点数がつかないというとんでもないへまをやらかしてしまいました(詳しくは僕らもみんなできなかったにて)。後のなくなった私は、もう私大一発で行くしかないと考え、一日20時間勉強というものを始めました。勉強以外の全てを断ちました。風呂も三日四日に一回。飯は朝・夜の二食のみ。それ以外は、みたいTVも雑誌も全て断つことに決めました。漫画おたくの私は、週5冊の雑誌を愛読していました。毎日の勉強の合間に息抜きとして一時間半まんがの時間をとっていました。20時間勉強をはじめた日から、雑誌は取りおきしておくことに決めました。最後には40冊弱までになってしまい、びびりました。この1か月は、私が最も勉強した日々ではなかったかと思います。この日々のおかげでわたしは志望大学に入れたのだとも思っています。とにかく集中しました。寝るとき以外は志学か図書館に詰め込んでずっと机に向かっていました。
  皆さんにここまでやれとは言いません。普通こんなことをやっていたら、受験前に倒れるのが関の山です。わたしは体力には自信があったのと、がっけっぷちということで、こんな愚行をしてしまいました。ただし、得たものは大きかったです。20時間やれとは言いませんが、自分の周りの誘惑を断ち切ることをお勧めします。かなり、集中できるはずです。一ヶ月だけ、自を墓場に送るのです。今そこにいるのは、受験マシーンになった自分だけという状況に強いてしまいましょう。

 原則3 受験向けの生活リズムを作る

  脳みそが働き出すのは起床から3時間後といわれます。そこで私は七時におきることに決めていました。試験が始まるのは十時前後でしたのでそうしていました。20時間勉強をしていた私もさすがに一週間前から7時間睡眠をとるようにしました。12時に寝て、7時に起きるという生活です。このような受験向けの生活リズムは早めに作っておくことをお勧めします。そうすることで、前日に眠れないとか、朝起きれなかったという事態を防止できます。

 最後に

  とまあ、うだうだ書きましたが、あくまで参考です。間違っても20時間勉強などはやらないように!きちんと安定しいたリズムで、万全の準備を整えて受験会場に向かえるスタイルを確立する。一ヶ月前とはそんな期間ではなかろうかと思います。 受験生の皆さん頑張ってください!   そわ☆☆

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック