カマボコとおでん

画像

今日は、いつもはご飯一杯しか食べないのですが、ご飯が美味しく二杯でも食べられるさつま揚げがある「九州屋」さんの紹介です。
尾久銀座商店街の中央にお店を構えています。
南進堂の隣の隣といえばピンとくる人が多いかと思います。

 尾久銀座商店街を通っていると、もうすでにクリスマスソングが流れていました。最近は日に日に寒くなっていると思うのですが、クリスマスソングとは!と心の中で呟きました。

 日頃から尾久銀座商店街に行くことはないのですが、改めて行ってみると、いろいろなお店がおかずにぴったりな商品を所狭しと並べて、賑やかな商店街という感想です。

そのひとつのお店が九州屋さん。

 看板に「九州屋」と大きく書かれている上に、「おでん材料製造販売」と書かれており、おでんも売っていることから、おでんやさんという印象をもっている方がいるかもしれませんが、実は「蒲鉾(かまぼこ)屋」さんなのです。

 お腹が空いてるときに前を通るときはもちろん、ブログを書いている今思い出しただけでも、お腹がグーっとなってくるような、おいしそうな蒲鉾が色とりどり並んでいます。

人気blogランキングへ←もうすぐおでんの時期かなと思った方、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

 毎回お店紹介を書くにあたり、当たり前の話なのですが、お店の方にブログに記事を書いていいですか、と聞いています。しかし、仕事でパソコンやインターネットを使っていないと、ブログを知らない方が多いのではないかと思っていました。そして、勝手なイメージなのですが、九州屋さんもブログについて知らないと思い、「ブログの説明もしなきゃいけないかな」と思って行ったのです。

 「九州屋」さんに到着後、まずは、志学ニュースを置かせて頂いて、今日の本題のブログについて大女将さんに話しました。自分の説明の下手さと大女将さんがパソコンをしないことが合さり、「ブログ?日記?」となりました。どうしようと思っていると、奥からご主人が登場。ご主人に話すと「あぁ、ブログね。いいよ。」そして、大女将さんに、「最近はホームページよりブログのほうが流行ってるんだよ。」とも説明してくれました。説明に時間がかかると思っていたのですが、ご主人は特別な説明も必要なく、ブログを書く事にOKしてくれました。

 さすが、今の時代の流れを読んでいるのだからこそ、昔からのおいしいかまぼこを作っていけているのかな、と思いました。

 はんぺん、イカ巻き、さつま揚げ・・・、名前は違っても、魚をすりつぶして味付けをし、蒸したり、焼いたり、揚げたりした食品のことを「かまぼこ」というそうです。「九州屋」さんではかまぼこはもちろん全て手作りです。かまぼこは板についていますが、この板付けの作業は今では出来る人が大変少なくなってきているそうです。また、揚げ物を揚げるだけでも、長年の勘とコツが必要とするそうです。だから、口に入れたとき「おぉ!」と思うのかもしれません。

 これから12月になり、どんどん寒くなっていくので、「九州屋」さんでおでん種を買ってコタツで鍋をつつくのはいかかでしょうか。

塩崎

人気blogランキングへ←もうすぐおでんの時期かなと思った方、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック