これからの時期は、油断大敵。

画像

今日のお店は、田端エスさん。
滝四出身で「田端エス」さんの場所が分からない人はいないと思います。
なぜなら、6年間「田端エス」さんの前を通っていたからです。
そう、あの滝四の目の前にある薬局屋さんです。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

気がつけば、もう12月。
どんどん寒くなり、すでに風邪をひいてしまっている方もいるかもしれません。

そんなときに頼りになるのはやはりお薬。しかし、この前飲んで治ったから、今回もコレを飲んで治そう。と安易に考えるのは危険だよと店主で薬剤師の瀧澤さん。
 薬は口から入ると溶けて全身に作用します。(一部の抗がん剤などのように目的の部位にだけ働くように工夫してあるものもあるそうです)
 薬は色々な働きがあって、その人に必要な働き方をすれば薬効、必要ない働きは副作用。何も考えず飲むとかえって困ったことになってしまいます。「薬は良く知って、上手に使えば、頼もしい。風邪薬だって原因のウイルスを殺すわけではなく、症状を緩和するもの。」そして、
「一番大切なのはやはり、頼りきるのではなく、自然治癒力にも働いてもらうこと。 」と瀧澤さん。
 風邪をひいてしまう前に、やはり、”うがい、睡眠・休養、バランスの良い食事”を心がけて生活をしないといけないなっと実感しました。


「学校薬剤師」というのをご存知ですか? 
瀧澤さんは「学校薬剤師」という顔も持っています。学校の衛生環境を整える仕事だそうです。例えば、プールの水質管理から今話題のシックハウス症候群の調査まで、学校におけるあらゆる環境を整えているそうです。当たり前ですが、学校に通っていながら、その存在には全く気がつきませんでした。小学校の頃はそんなことは考えずに、プールで楽しく泳いでいた気がします。瀧澤さんも「学校薬剤師」として子供の健康を守っているそうです。


小さいときは、よく風邪をひいていたものですが、最近は風邪で病院や薬局に行くことは減りました。その一方で、志学ニュースを置かせてもらう為、「田端エス」さんにはよく行かせてもらっています。

お店を一歩入ると温かい笑顔で瀧澤さんが迎えてくれます。いつもやさしい笑顔です。具合の悪いときは、気分も落ち込んでいますが、この笑顔を見れば、完全復活への明るい未来が見えたかのようです。

「薬は両刃の剣」
わからないことがあれば、気軽にいろいろ聞いてくださいとお話してくれました。


塩崎裕也

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック