やりきりじまい

画像

私がこのブログに週1回書くことになったのは、9月からでした。
それ以前にも、お店のことや岩野先生のことなどを度々書いてはいたのですが。

ある日、塾長から「文章書くの好きか?」と聞かれました。
私は小学校時代から文章を書くのが嫌いだったので、
「好きではないです。文章書くのは苦手です。」
「そうか、じゃあ、勉強だと思って週一回志学のお店のことをブログに書いてみないか。」と
「…はい。」これが定期的に書くはじまりでした。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。


最初に書かせていただいたのは「尾張屋」さんでした。
「尾張屋さんにいってきました。」 「尾張屋さんに行ってきました。その後」
過去の記事を読んでいただけると、わかるのですが「尾張屋」さんにはブログのため続けて2度行きました。そして、ブログには書きませんでしたが、実は2回目は室長と岩野先生も一緒に行ってくれたのです。
「なんで、お店のお勧めを食べなかったの?」と塾長に指摘され、「もう一度行ってきます。」と私が言った後、岩崎先生が「じゃあ、岩野先生と明日3人で行こうよ。」と言ってくれたのです。
忙しい時間の中、私に時間を合わせてくれた岩崎先生、岩野先生、いつもありがとうございます。

どのお店にも、他のお店とは違う個性、特徴、付加価値というようなお店の芯となるものがあるものです。そして、それがあるからプロといわれるのかもしれません。

岩崎先生に一度、「週一回お店のことを書いて、大変じゃない?」と聞かれたことがありました。しかし、どのお店の方も親切にしていただき、そして、お店の芯を書いているだけなので、大変だと思ったことはありませんでした。


9月に書いたブログを読み返すと、「うっ」と思うくらい恥ずかしくなる下手な文章です。
この文だって、と思う方も多くいるとは思いますが、これでも以前よりは多少ましに。

1月号の志学ニュースには生徒、保護者、そして、講師のGood&Newが載っています。
私のGoodはブログのことを書きました。
志学ニュースが出来上がる前に、塾長に「今年のGood&Newは?」と聞かれたときに
私はブログのことを言いました。すると、「そうだね。小学校のとき、作文に「文章を書くのが苦手です」って書いてたもんね。」と私も忘れていたことを塾長は覚えていたのです。
「忘れていました。」というと「教え子のことは何でも覚えているよ。」

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。


年が明ければ、本格的な受験シーズンです。今年もさまざまなドラマが塾長はじめ講師の記憶に刻み込まれることでしょう。
その前に、今年もまだ終わっていないので、残っているものは来年に持ち越さないように
「やりきりじまい(やりきって終わる)」で来年を迎えましょう。


塩崎

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック