人のことを喜んでいるといると自分に回ってくる

画像
不思議ですね。人のことを喜んでいると自分に回ってくる。ゆちこの合格を喜んでいたSちゃんが今度は公募が合格しました。第一志望ですね。おめでとう。

たしかにゆちことは中学のときのなかのいい同級生。生徒会も一緒でした。しかし、ゆちこの合格を拍手した時、自分のことは忘れ、ただ目の前の人の合格に喜べたのです。

公募推薦ですから、あまり期待せずに待っていましょうといいました。しかし、将来の夢。建築についての考え方を練りに練った文章を書き上げたことは事実でした。

何が出ても書ける。自分の世界を持ち、論理を展開する。将来の夢、建築士としてのこれからの自分の進む方向を考えて、何度も書き直しをしました。

お母様とお話をしたとき、私の中から「艱難はともにできるが富喜はともにできない」という高杉晋作の言葉が出てまいりました。これは当たり前のことです。しかし彼らは自分のことよりも人のことを喜べたのです。

そうして女神がほほえんだのです。

その瞬間を諸君は体感したのです。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

彼女は、将来の夢としてあげたものは「温かい家庭」でした。いいことですね。

主旨として「温かい家庭」を作るにはコミュニュケーションがとられなければならない。そのための空間をつくる。家庭と同様に生活空間が大切となる。環境を考える必要がある。その環境は単に建物を建てればいいという時代ではなく、地球環境を考えたものでなくてはならない。

空間には安全が必要不可欠である。安全は生命の尊厳が根源になければならない。そのために耐震性はもちろんのこと、家族で話し合う場が必要となる。分断された個々の存在から、家族という「絆」を取り戻す必要があるのである。その延長としての社会、空間が必要なのである。

まあ、これはほんの一部ですが単なる職業としての建築士から自分の役割として考えることに何度も書き直しが要求されたのでした。

そうなのです。彼女もやれるだけやったと思えて試験会場に行ったのです。試験会場では試験を受ける前に一言「本日はありがとうございます」。ここからスタートしました。

試験を受けさせてもらって「ありがとう」なのです。

塾長

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック