鉄人は大学入試問題を即答します

画像


大学入試クラスは誰かが入試、そして誰かが発表。そして報告のたびに後輩から拍手。先輩の合格を嬉しく思う気持ちがまた次の合格を生む。喜びの循環がある。ウミ日大合格、キング明治学院大、東洋大は予想通り。

今年は発表のある日には誰かが受かっています。合格のたすきが続いています。

大学入試クラスでは受験を終えた諸君が鉄人のところへ来ます。そして問題を差し出します。TOEFL満点の鉄人は15分程度でつけ終わるからです。2月の大学入試クラスはその即答に支えられています。まさに鉄人の季節なのです。

国語は曽羽、数学は岩野と分担しています。試験問題はその日にやり直します。間違えが追ってこないようにするためです。社会、理科は自分で調べわからないところを聞いてもらいます。

結果がわかるまで採点したくないという気持ちもわかりますが、何が間違っているのかは押さえておかなければなりません。不思議と出来なかった問題は追ってくるのです。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

キングが今年は沖縄史が来てますよと報告してくれました。毎回のように続いているとのことでした。その年、その年に不思議と追ってくるものがありますので他の諸君がどこが出たかも重要な流れなのです。

ですから合否発表を前にある程度予測がつくのです。昨年度のボーダーラインと倍率、合格者数などですね。その間をぬって高一、二年生の保護者面談を担当講師が行なっています。

入試を終え合格を手にしているねーさんことHさんの姿がありました。大学での英語のクラスワケの試験があるので勉強しないとと言って単語帳を覚えていました。

「一秒前は過去」そうですね。次に向かって走り始めた諸君もいます。

夕方、ねーさんは夕飯の手伝いに帰ります。といって塾を後にしました。いい光景です。

入試はまだまだ続きます。

塾長
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック