さあ、次の学年に向かってグレードアップ

画像
受験生以外の学年は学年末に向けてそれぞれの目標確認を行ないました。前回の得点を確認し目標点を記入しました。また講習終了までの大きな目標をグレードアップとして掲げました。

各学年とも、まとめ、復習をしながら次の学年の内容に少しづつ入っています。中2は中3の展開の発見をしていましたね。いくつもの式の中から法則を考えてみる。そして発見をしてみる。それから公式を考えてみる。志学ゼミの数学は暗記はありません。

「考えて」「発見して行く」これができると楽しいですからね。やみ雲に「覚えなさい」では誰だっていやですものね。

小5ではこの式を○を使ってやってみるとどうなるだろうと割合の文章題でよく考えてもらいます。そうしていつの間にか小6のようにXを使って見ようになるわけですが。

教え込まれた数学は、教え込まないと進歩はありません。よくあいつは数学が出来るなんていいますよね。もちろん天才的なひらめきをもたれている人は別でしょうが。

一般的には自分で考えてみたことがどれだけあるかなのですね。一つの問題にああでもない、こうでもないと手を使って考えた経験が生きるのです。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ですから展開の問題をやり方を先に知ってやるのも一つの方法でしょうがそこには発見、「そうか」という感動が少なくなるとともに、暗記の数学になってしまうのです。

なんでもいい。すこしでもいい。この発見が授業には必要かと考えています。

最初からダメだと言う声も出ましたが、「分からない」「分からない」を連呼して行くと自然に脳が考えようとする意欲を自分で停止させてしまうことになるのです。そうなのです。大いに間違えればいいのです。

そこからまた「気付き」がでてくるのです。ちなみに私は数学も出来ませんでした。ですからどうとくのかにこだわりを持って指導させていただいています。「発見」「気付いた」その時の諸君の表情がとてつもなく好きですね。

新たな発見は身近なところにもたくさんあります。先日小5生に「桃太郎」のももが流れてくる以前のお話、「鬼が島のその後」について教えて頂きました。

一生勉強です。

塾長
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック