もう一つの受験PART2

画像

左之助とは小学校からの付き合いになります。中学時代はバレーボール、小石川高校時代は軽音部をがんばり、高校を卒業した彼はプロの音楽家を目指しました。バンドを組み自主CDを作成し、ラジオ出演も果たしました。今はその話をすると照れていますが。

高校時代はプロの音楽家になることに目覚めたため大学に行くことは眼中になかったといいます。親御さんも黙って見つめるしかなかったと聴きました。

そうして音楽以外のことを学びたくなった。もっと幅広く考えるようになってもう一度音楽に興味が持てたらやってみたいというふうに変わってきました。

そうして受験勉強を決意しました。しかしそのブランクと働きながらの受験は甘くありませんでした。ようやくのことで駒沢大学法学部に合格した時は24歳になっていました。

受験勉強を初めて一年半後のことでした。その時合格報告をしてくれた彼に私は塾のアシスタント講師になることを勧めました。かれはその時1年勉強して明治の編入を受けたいと言いました。

そうしてここにくる時はアシスタントをした後は自分の勉強の質問をする。事務が忙しい時はその手伝いが終わってから12時を過ぎた頃からはじめることもしばしばでした。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

おそらく彼が卒業する時は28歳。世間的にはなかなか就職は難しいかと思います。就職のための大学進学ではないのです。しかし彼は何かを求めて大学の門を叩くのです。

音楽活動でのいきずまり、もう少し違った世界を見ながら自分にかけているものを考えてみたい。そこでもう一度音楽だと思えばやってみたいとも言いました。

今彼は政治経済学部で現代社会がどうなっているのかその現状を学問的に分析してみたいことにあるようです。現在の社会状況を自分の頭で考えてみたい、捉えてみたいと考えています。もちろん働きながら学費を稼ぎながら。

遠回りであるのかもしれません。しかし自分で決めて自分で道を開こうともがく若者を私も応援します。そしてこの「もがき」があるかないかで自分で考え、判断できる「自立」への第一歩であると思うのです。

塾長
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 大学へのアクセス

    Excerpt: 専門学校の関連情報についての詳細な情報を以下にてご用意しました。<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/高等専門学校 からの情報>進学大学へのアクセスは、能力に応じて公平に平等.. Weblog: 北海道 ハイテク ノロジー 専門 学校 大阪等の専門学校のサイト racked: 2007-03-13 22:25