友来る<明治大學教授来塾>

画像
彼が自己紹介した。もう私とは二十年来の付き合いと話した。明治大學政治経済学部教授、高橋一行氏が来塾されました。氏とは年に一度は近況を話し合いながら今を語るのです。

中3、高3の部屋で少し話をして頂きました。彼は荒川九中、上野高校といった地元なのです。
大学の教授だからといって特別な学校に行っていたわけではないのです。

大學と高校の違いについて少しお話をして頂きました。その中で大學の教授の仕事は研究もあるけれど大学生と酒を酌み交わし話しを聴き、話をすることと話してくれました。

また各自の行きたい学部、なりたいことに対するについてのアドバイス。外国語学部で語学を学ぶべきかそれとも他学部でも語学が学べますかの問いに、どの学部でもいまやTOEIC等を取り入れているので一つの専門を通して学ぶこともいいのではと話してくれました。

マスコミに行きたいのですが?そうですね500倍から1000倍の難関かな。大学入試のほうがらくだね。大学に入ってどう過ごすか。新聞は3冊を読み雑学に強くならないとねとさらりと話してくれました。

餅は餅屋と言う言葉があります。大學ではインターシップを利用した授業だってある。政治経済学部でも憲法や民法は学べることなどプラスになる話が聴けたかと思います。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

私は彼が大学教授だから付き合っているわけではありません。昔々ともに塾で働いた仲間なのです。彼は今もって年に何度かは海外へ勉強をしに出かける「自由人」なのです。もちろん家庭はありますが、むかしから「自由人」なのです。そこが無性に面白いと言うか、すごい。

在野で研究を重ねておられ大學の教諭になるための学問はされませんでした。予備校で働きながら興味関心の赴くままに大學、大学院と勉強を重ねるうちに気が付くと大學の教諭になっていたという感じかと思います。

彼を見ていますと非常に自然な生き方を感じるのです。周りから望まれる形で生きている。そこに惹かれるんだなあと改めて思ったりしました。だからまた会いたいんだなあと思いました。

塾長
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック