もう一度中1からやり直し<ある面談より>

画像
春期講習にやることはもちろんですが、春期講習前までにやることが各自の目標として貼られています。中学生は各自の英語教科書の進行予定(各学年を終了させること)が貼られる中面談をして中1の最初からやり直しに取り組む諸君もいます。

志学ゼミにはいくつかのクラスがあります。基礎がわからない、どこからわからないかがわからないといった話が入塾時の面談で出てきますと中1の英語文法をチェックし厳しいようですと中1英語教科書のはじめからやり直します。

数学も同様です。正負の数からやり直しです。そして今日できたことを授業の最後に一行日記にかいて頂きます。一行日記は各担当講師が必ず目を通し「ありがとう」の判子を押させていただいています。そこに講師の気付きもないといけません。

もちろん全体とは別メニューですが急がば回れです。志学ゼミ基礎クラスは教科書をベースにしてそこから偏差を挙げてまいります。

私は必ず面接の時に申し上げることがあります。ただ来て座っていれば成績が上がるという魔法を私は持っていません。やらないとあがりません。

できるようになるには「くりかえしできるまでやる」これしかありません。出来たことを毎回認めてまいります。その繰り返しの中で「わかったこと」が増えてまいります。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

もちろん塾ですから会話を繰り返しながら反復していきます。「もうこんなに時間がたったんだ」という声が帰る前に上がってまいります。

部活で疲れてもなお頑張ろうとする諸君を志学ゼミは長年応援してきました。そのための今出来る最高の授業に毎回取り組むために計画、反省を我々も繰り返しています。

中1からのやり直し、高校生ですと高1、中3からのやり直し。そのための計画を一緒になって作る、そこからスタートです。「力をためていく期間」(充電期間)そこからジャンプするのです。

正直な話、私よりも若い講師のほうが塾生諸君と年齢は近く話が聴ける場合が多いのかもしれません。コーチングは私よりも岩崎の方が数段うまいかもしれません。私はどうしても長年のカラーがありますので話を聴きながらもアドバイス、説教になってしまいがちです。またもや反省ですね。

みんなと同じです。日々の反省の中からこれはよかった。これはこうしてみようと今も考えている私なのです。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。





保護者様はそれを望んでもご本人がそれを望まない場合があります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック