講習の風景<新高一>

画像
高校入試が終わり遊びたい盛りの新高校一年生ですが、全員あたりまえのように春期講習に参加しています。高校入試は通過点とよく話してきましたがたいしたもんです。

志学ゼミでは基礎英文法は夏休みで終了です。英頻、速単等の年間予定もクリアー予定が組まれています。ですから講習はそのスケージュールの一部なのです。

春休みは文型の復習から分詞までと鉄人が発表しました。そして各自の学校の課題をコーチングを行いいつまでに終了させるのかを決め、表にして貼りました。予習をやる時間と課題を質問する時間に分けています。

聞きなれない英語文法に戸惑いながら高校ではこんなことを学ぶんだなあと思う。今日は原型不定詞の質問。受動態になった時に不定詞が現れると鉄人が説明していましたね。

しかし文法用語が高校からは多い。原型不定詞にしろ、句だの節だの。私なんかそこからいやだったなあ。そこをクリアーしないと本当に英文法は嫌いになるから厄介だ。

中学と違い、高校の課題は多いとみんなもらしていたしたね。そして何ページまでレポート提出。見てくるように、読んでおくようにはやってきてくださいという意味なのですよ。春休み明けには各高校ともテストは必ずあります。

数学は絶対値と平方根。意外に忘れていましたね。やらないいとまずいねと感じてくれればいいのです。諸君もまたやらないとダメだということを知っている。しかしやらないとやらないことが習慣になる。

4月になってはじめるのは本当ですか?ですね。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

でもな。私はさておき、8ヶ国語を話す鉄人も高校の英語は大嫌いだったとのことなんだよ。高三になった時どうしても英文が読めない。だから英文法で分析をしないと細かいところまで読めなかったと話しています。

原仙の英語標準問題集が全く読めなかった彼は英文法を学ぶことを決意しました。鉄人はやがて言語学に興味を持ち日本の大学では飽き足らずにインヂアナ大学の博士課程まで進んだんだ。

だから彼は良くわれわれに話すことがあるんだ。自分が疑問に思ったこと。素朴な質問はしっかり納得いくまで調べ研究をしたとのことなんだ。大事なことなんだ。生徒からの素朴な質問ほど難しいことはないのかもしれない。

いまだに私はそういった素朴な質問を鉄人にして答えてもらうことは良くあることなのです。素朴な疑問をどんどんぶつけてああ、そうなのかと感じていこう。

塾長

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック