講習の風景<新中学三年生>

画像


朝、昼、朝から夕方まで部活がある諸君。春の講習はその時間をぬって行います。朝出れない諸君は午後から、午後からの諸君は昼。一日の諸君は夜。小さい塾ならではなのフル回転指導です。

学校と同じ時間に来て、掃除を始めている朝組み。生活時間は崩さないという方針。いいことです。朝は中三が掃除をするのが講習の風景ですからね。いいですね。

その講師の中心は岩崎です。各自の学年末テストの反省から進路、目標校の決定をコーチングにて一人ひとり行いました。彼らに歳が近いだけに、話がしやすい。彼は聞き上手ですからコーチングには向いています。私より数段うまい。

私はどうしても説教になりがちですね。

その上で講習前までの目標を貼り、スタートダッシュのために各自の目標とやるべき項目を作りました。中三生はここで時間を意識して作らないと終わらないことがわかります。部活三昧ではまずいなと感じた諸君。やらないとまずいなと感じた諸君は何とかなります。

もう一度言いますが。「四月になってはじめるは本当ですか?」ですね

5教科の内容がありますので、通常朝から夕方までかかる範囲なのです。しかし朝、昼、夜とも中三が2F教室にいますね。一番きついのは夕方まで部活のある中学ですね。また朝から部活のため塾が終わって帰ってから宿題をこなしていますね。

部活でフーフー言いながらも自分の掲げた目標に向かっていくのも毎年のことですが伝統ですね。そのモチベーションアップはそうでしたね君たちの中にありましたね。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

今回は展開因数分解、平方根、証明の復習、相似と結構やることがありますね。英語も教科書予習、問題集ほぼ一冊。そして「ひたすら暗記」の暗誦と大変ですね。

そして今月の目標は理科社会のノートの作り方を身に着けること。単なる暗記だけでは3日経ったら忘れます。自分のノートに中心テーマから派生して項目を結び付けます。そして話を作り考えて話してみる。詰まったらまだ身についていないということなのです。

その上で問題をこなして見ましょう。小5生、小6生も試みています。まずは自分でノートを自由に作って見ます。その上でどちらが分かりやすいかを考えてみるのも良いでしょう。

ああそうかと思えば取り入れてみる。こうやれと強制されてもいやですものね。発見そして納得するもの。これが大切ですね。とにかくめんどくさがらずにやってみることから始まります。

手を使う。そして声に出す。この繰り返しが君が達人になる道なのです。そしてみんなが通ってきた道なのです。

塾長
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック