親子二代にわたる通塾、ありがとう

画像
二十年を越える志学ゼミでは多くの先輩がいます。そうですね。お母さんになっている教え子諸君も多いのです。先日、ひょっこりある教え子(お母さん)が来られてびっくり。懐かしいやら嬉しいやら、お子さんそっち抜けであの子はどうしてるなんて話してしまいました。

現場をやらせてもらっている以上、塾生諸君とはパワーではまけません。先生いくつですか?
と歳を聞かれますが、決まって25だなんて答えます。

先生はサザエさんのかつをちゃんだなんてかつてのOBからも言われました。風貌ではなく年齢が変わらないからです。

人間は年齢を意識するとその年齢に等しい容貌になるのではと思ったりします。細胞が沿う意識するとも聞いたことがあるような気もします。

しかしながら、もうそんなに時がたったんだなあと思いながら話を聴くと、~さんの子どもも、~君の子どもも何年生などと話が出るではありませんか。そうですね。各学年には各学年のカラーみたいなものがあります。

それが醸し出すクラスの雰囲気。何年経ってもあの時の~さんと思い出せるのはそういった中で接することが出来たからだと思います。あらためてありがとうございます。

そうですね。その中で私たちも生かされてきたんだなあと感じました。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

よく志学ゼミはどんな塾ですかと問われます。これは講師諸君にもよく問うことでも有ります。中学公立トップクラス。特待生が滑り止め。目指せ六大学ですが塾生諸君の合格体験記、塾で学んだことを読ませていただくとよくわかることがあります。

勉強以外の話がよかった。両親への感謝を学んだ。本気で叱ってくれた。ともに悩み喜び泣いてくれた。掃除をさせてもらいながら気が付くことがあった。どう生きるべきかを真剣に考える第一歩になった。

私を含めよく授業の合間に気が付いたことを話します。それが日常のことであったり、先日のような博物館の話だったり、歴史や理科のことだったり、自分の出来なかった話、塾生の素晴らしい考え行動など思いつくまま、湧き上がるままにお話します。

どうゆうわけか社会人の人生相談(志学出身者)もよく受けます。当塾は「灯台」のようなものと話すことがあります。闇夜に煌々と火を照らす灯台。夜の塾はまさしく灯台だと思っています。

私は「人生道場志学ゼミ」と言っております。ここで学ぶことは人生の第一歩です。

「十年後に会いたくなる人間でいてくれ」これは今も昔も変わらない私からのメッセージなのです。

また会えたねNさん。ありがとう。

塾長
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック