身近な史跡訪問<今回は東大へ行ってまいりました>

画像
月に一度、土曜日の午後に身近な史跡、博物館、資料館を訪問することにしています。今回は文京区に夏目漱石が住んでいたんだよという発言から東大へ行って見ようかと言うことになりました。

まずは動坂上の駒込病院前にある貝塚後。縄文期なんだねという話をしながら根津のところって入り江だったんだという発見もありました。

それから東大へ行く前に駒本小横の高林寺へ。ここには君たちが読書ノートで読んだ人が眠っています?だれかな。司馬遼太郎さんの作品だよ。そしてお墓へ向かうと?え?こんなところに眠っていたんだという発言。そうなのです。緒方洪庵の墓があるのです。

そうして東大へ。農大前、正門、赤門といくつもあったね。そして赤門のところで赤門の由来を話したね。加賀の前田家が将軍から御正室をお迎えするにあたり中国の様式にならって門を赤くしたことを話しました。それから記念写真。

え?中に入っていいの?もちろん建物に勝手に入りさえしなければいいんだよ。そうして中に入りました。

自転車を降りて歩こうか?と飯倉先生。いちどう緑の中へ、そして少し下ると。池だ!池を発見してくれました。大学の中に池があるんですね。そうです。三四郎池です。どうして三四郎池と呼ばれるようになったかを話しながら池の周りを歩いていると。散歩途中の人々に出会いました。

画像
そして池の生態系の話。あれが池の主だという鯉を発見。ザリガニ、おたまじゃくしを発見し捕まえようとするところは少年らしくていいなと感じました。ここの池も誰が入れたのか分からない外来種で生態系が変わって来たことを教えてただきました。

今度連休中に来ようねと相談している男の子の声が聞こえました。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

それから安田講堂へ。その歴史を飯倉先生が説明おりますと見知らぬおばさんが話しに加わり飯倉先生へ質問。ちなみに飯倉先生はみんなを連れてくる前に一度事前に回っているのです。そして歴史も一通り調べています。

そして東大饅頭なるものが販売されていることを目ざとくだれかが発見。しかし東大生でもないのに売ってくれるのかなあ?との心配声がでました。末次先生は東大だからうってもらえるのかなという声も。笑いながら購買部へ。

一休みをしながら東大饅頭、東大グッツを発見。東大饅頭よりもシャープペンがいいなということで記念に購入しました。もちろん販売してくれますよ。

先生、ぼく大学に行きたくなりました。とぽつんと言う子も現れました。「そうか」。少しグランドや各学部の建物を見ました。外から見るより随分と広いんですね。そうなんだね。

画面で見ることで知ることは出来る。しかし実際に見ることで実感出来るんだね。今度日医大に行く途中にクロネコの像があるから注意してみてご覧と話しました。

そして風が強くなる中、雨が降り出しました。大急ぎで塾へ。途中雨宿りをしましたが何とか無事塾へ戻って来れました。身近な小旅行。前回の北区文士村。今回の文京区東大。来月は荒川区かな?自分たちが住んでいるところって意外に知らないこともあるんだね。それ派遣することもまた楽しいことです。

塾長
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック