声に出し、手を動かす<学習の基本・秘伝のたれ>

画像
中高とも中間テストがある学校とそうでない学校に分かれていますが、連休中に理科社会のノート作りを課題としました。その上で問題を解きながらノートに加えて生きます。単なる暗記では3日ももちません。

連休明けから一人ずつ作ったノートを各講師がみて回りました。まとめかたはだいぶ慣れてきた中2、中3。初めてのことにとまどいながらまずは「手を使う」ことにチャレンジした中1諸君。それでいいのです。

ここでどうやっていいかわからないからやらなかったといういいわけ防止を連休前にくどく中学生にはお話しました。

声に出し、手を動かすそこから始まります。中間テストのある学校は学校ごとのテスト対策。志学ゼミは個別指導ではありませんが、テスト前は学校別5科目指導なのです。高校生はもっと多岐にわたりますね。志学ゼミは大学入試までの全科目をみることができるように講師を用意しています。

各学校ごとにテスト対策用のプリントをファイル化して用意しています。これは一つ二つの中学のことではありませんから結構手間がかかります。ですから適当にやってもらっては困るという気持ちがあります。

集団授業ですが、通常は来塾した諸君から学校の各自の教科書の読み訳を一人ずつ講師がチェックし、オリジナルプリント、パソコンでの速聴読、漢検、数検等を毎回個人のペースで進み(個人個人に全て対応しています)それから全体授業で、繰り返しできるまで行ないます。

つまり個別+集団授業を長年行っております。学校の成績がある程度とれるにはこの個別の部分をしっかりやらないといけないわけですね。集団授業は問題集を使用しますから偏差値アップの授業を行っています。

くりかえし出来るまでやる。それが志学魂です。

もちろん問題集まで手が届かない諸君には講師がついてまずは基礎的な内容を反復します。

理社のノートにしろ自分の中にイメージがわいてまとめたものをみて声に出して説明してみるとよく分かり残ります。そして問題集の内容を付け加えて行く。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

塾生にはよく言うことなのですが、ただ来て座っていれば成績が上がる。そんな魔法を私は持っていません。今出来なくったっていいのです。試験までに出来るようになればいいのです。

塾でいくら間違えてもいいのです。試験で合えばいいのです。と毎回試験のたびに声を大にして言います。

繰り返しやるため時間がかかります。写して帰るだけでは残らないからです。

どうして試験になると忘れてしまう?分からなくなってしまう?ということが起きるのか?

それは全てを暗記から捉えようとするからです。暗記したものは忘れるのです。理解したものは残るのです。

では理解したかどうかをどうやって分かるのでしょうか?

それは人に説明してみると分かるのです。ノートにまとめたら反復して最後に説明してみましょう。やるものだけが上がります。

週の予定が残りテスト前に英数をやっている諸君は理社国に手が回りません。そこでとりあえずの暗記に走ってしまいますから、テストが終わると抜けてしまいまうのです。

塾長
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック