入試は子どもを伸ばすためで無ければならない

画像
話好きの私の面接は一時間を越すことが多いのですが、学ばさせていただくことも多いのです。皆さんそうですが、何が何でも中学受験と考えていらっしゃるわけではないのですね。ただ周りがそういう風潮にある、お子さんもお友達との仲でそういった話になる。だからとりあえず受験を考えてしまう。そうして受験させようか迷いながら受験塾に通わせてみると・・・

先日来、何人かの中学受験をお考えのお母様方、お父様方とお話しする機会がございました。ゆとりの教育にたいする不信、地元の公立中学の評判などを考えて私立受験を希望される方も多いかと思います。

私立はそれぞれ学校が方針をもっています。その方針に合う子を選びます。しかし学校選びにおいてまずは学校ありきでは間違えかと思います。まず本人ありきかと思うのです。

本人の良さをより一層伸ばすために、ご本人に合った学校を選ばれるべきかと思います。単に進学実績を優先させる見方は間違えです。

よく大手塾が行なわれていらっしゃいますが中学入試はここまでやらないとうからないのというほどの量と時間にみなさん驚かれますね。そして弁当持参だったり、長時間遅くまでやった後でご家庭でお父様、お母様との復習を行う。

教え込まれた勉強方法はそれを継続しないと維持は難しいといわれます。私立中高生は学校のペースが自分の理解力をはるかに超えているためについていかれない。そのために塾にあってこられる場合も多いのです。

先日ある保護者さまとのお話の中で、子どもさんが「勉強がつまらなそうな顔をしている」。「休みの日に私の教えるのを待っている」「どこが分からないかが分からない」というお話が出ました。もちろん大手塾の入試用のテキストに関してです。

大手は情報をたくさんお持ちです。問題に関する分析もよくされていらっしゃるとお聴きしております。しかし問題集は最終的には全て御三家レベルの問題に合わせた問題集が多いかと思います。、~算を暗記形式にパターン化させて教える教材。入試にはそれも必要とされているとの判断でしょうからあくまでご家庭の判断によると思いますが。

私は教え込まれて自分でこなすことなく勉強して行くことがでは「面白さ」「楽しさ」は薄いかと思います。やはり「発見」が大切です。当塾ではご本人の性格、理解力もありますので入試が向いていらっしゃるかどうかを様子を見ながら判断させて頂きたいとお伝えしております。

そうしながら少しずつ幅を広げて、興味関心を持ちながら、入試のためだけの算数ではなく中学、高校につながる算数を考えて頂きながら進めたいと考えております。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

また受験のために土日の野球、サッカー等はできなくなると言う声も頂きました。大手は当然、塾の体制にあわせてくださいといわれます。もちろんどちらをとるかは家庭の判断になりますが、子ども時代の「外遊び」の感覚は非常に大切なことも事実です。そこからの発見も大きいかと思います。わたしはぜひとも土日の野球、サッカー等をやるべきかと考えているほうです。塾の曜日は調整すればいいことなのです。

子ども時代にしかできなかったこと。それは思い出とともに残ります。とにかく「楽しく」できること。これを子ども時代にもつことが後々生きてきます。ものごとを楽しめる才能は子どもが大人より優れているのかもしれません。

受験に必要な~算を楽しく解けるのも才能でしょう。それができるお子さんはよろしいかと思います。私共では中学、高校で使う数学につなげたい。発見して頂きたいと考えています。ですから「今日の一問」は~算の問題だったりしますが「~算」という言い方はしません。パターン化はしたくないのです。

「楽しく」そして自身のペースにあった学習をしながらこんなこともできた、こんなことを思いついた。これが後々こんなことをやって見たいという「夢」につながればと考えています。

塾長
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック