父の教え

画像


最近、感心することがありました。

私は夕方、2Fのパソコンのある部屋で授業をさせていただいております。
隣の部屋では高学年の授業が行われております。隣の部屋から順番に高学年の生徒がやってきてパソコンを使い、速聴を行います。
パソコンの部屋に入るときは靴を脱ぎます。

ここで感心する出来事がありました。

毎回脱いだ靴を必ずそろえていく生徒がいました。それも、脱いだ自分の靴以外に、他の子が脱いだ靴までもそろえてくれているのでした。

素晴らしい!!の一言でした。
「いつもえらいね、ありがとう」と言うと、照れくさそうに笑ってくれます。
靴をきちんとそろえて、玄関を見るとすっきりとした気持ちになりますね。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

そのときふと私の子供の頃の『父の教え』を思い出しました。
私は子供の頃家でいつも厳しく言われていることがありました。
「靴をそろえること」
でした。
私の実家は自営業で一階が工場で二階に私たちの住まいがありました。
父は朝から晩まで一階の工場で働き、たいてい夕食時に仕事を終え、二階に上がってくるのでした。私は父が仕事から上がってくるのを二階で待っています。
一階の工場の扉の閉まる音がします。そうしてしばらくすると、足音が聞こえ、二階の玄関の扉のあける音がします。
父が帰ってきました。扉が開くと同時に
「誰だー!!この靴は!!」
と怒鳴り声がします。玄関の扉を開けた父の第一声は「ただいま」ではなくこの怒鳴り声の時が多々ありました。
靴をそろえていないと、このようにいつも叱られていました。

靴をきちんとそろえるように。
自分の履物はしっかりと自分でそろえる。

このことはいつもきつく言われていました。

そのおかげで塾でも靴を脱ぐ際には自然とそろえることが出来ています。(少し自慢です笑)
ふと生徒が私の思い出を思い起こさせてくれたことでした。ありがとう。

少し意識して脱いだ後の自分の靴を見てみよう。
どんな方向に向いているかな。玄関はどのように写っているでしょうか、ね。

岩崎

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック