今日は塾長の勉強会

画像
今日は国語特化の勉強会。世田谷で個人塾をされているKIPさんが登場されました。塾長と室長の発表が行なわれました。筑波から、本庄から参加者もありました。世田谷の先生が発表されました。二次会でKIP大沢室長の成長を直接褒めたいなと思う発表でした。

講習前の忙しい中ありがとうございました。誰かのためというより自分のための発表なのです。松本先生はこれまでの取り組みを話され、大沢先生は現場からの報告。志学ゼミでできていることできていないことの反省と今後に生かすことがでてきました。

早速授業でどう取り入れられるかどうか、他塾のコピーをしてもしかたがありません。勉強会はあくまで他塾のいいところを学び自塾にどう生かすかです。他塾によくとも自塾によいとはかぎりません。

各塾とも特色のある授業をされています。今回の発表のKIPさんは国語特化の授業を話して頂きました。もちろん他の教科も指導されていらっしゃいますが。

国語は何といっても「要約」ができるかどうか。そのために何をすべきか。やはりキーワードを見つけること。そして絞り込むこと。それを使ってのまとめ方を順を追って説明して頂きました。さすが長年作文をはじめ国語指導をされている先生ならではと思いました。

この程度のことはわかるだろう。「要約」は大切だと分かっていてもこのくらいはと思いがちでしたが目からうろこの話も聴くことが出来ました。

オリジナル教材等やはり「思い入れ」があります。そこに教える者の熱き思い入れがないと何をやってもだめなのです。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

私も長年多くの教材を見、自分でも作ってまいりました。作っているときはある程度これで出来たと思うのですね。しかし出来上がってみるともっとこうすればよかったなあと思うものなのです。ですからまたこんなのを作ってみようなどと思うのです。

しかし各塾ともいろいろなものを作っています。感心しますね。それを勉強会で発表し合い、意見交換をするのです。今回もKIPさんの「ひでんのたれ」を公開して頂きました。私も読書ノートを発表しました。

速聴を取り入られている先生。論理エンジンを取り組まれている先生。いろいろな取り組みがありましがやり方はそれぞれ違っても「熱き想い」がそこにはあるのです。そうしてああでもない、こうでもない、もっとこうすればなどと思いながら今日も各教室に向かう我々なのです。

本庄の先生が新卒の若手社員をつれていらっしゃいました。なんだか若々しくていいですね。彼らのためにもやらないとなあと感じました。

塾長
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kip大沢
2007年07月10日 00:56
昨日は遅くまでありがとうございました。ありがたいお言葉をたくさんかけていただき、本当に感謝しています。今後もよろしくご指導願います。

この記事へのトラックバック