夏到来

画像


みなさんこんにちは。高校理数担当の末次です。7月に入り、暑くなってきました。そんな中、期末試験が始まっている学校がいくつかあります。期末試験が終われば、夏休み。夏期講習の季節ですね。受験生の諸君にとって、まとめて勉強できる最後のチャンスと言ってよいでしょう。夏休みは長いように思えますが、予定を立てて臨まないとあっという間に終わってしまいます。自分なりに目標を掲げて行く必要があります。そして、7月はコーチング月間です。目標に対して、自分は何が出来ていて、何が足りないのか、その上で何をしていくべきなのか、一緒に考えていきたいですね。
 高校2年生にとっても、大学受験を考えている方には、基礎固めの重要な期間となってきます。私が担当している数学に関しては、数学Ⅰ・Aの総復習、センターレベル攻略と数学Ⅱの微積予習を予定しています。センターレベルの問題は「時間さえあれば解ける」ようになっていきたいですね。授業前後には補習時間を設けていますので、その時間に学校の宿題などを進めていただけたら、と考えています。
 受験生の理系クラスでは、Ⅰ・A、Ⅱ・Bのセンター対策、Ⅲ・Cを含めた記述対策等を合わせて、この夏1000問解ききることを企画しています。知識の定着・スピードアップを狙いとしていて、8月末には結果が出せるようにして行きたいです。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

以前のブログや志学ニュースにも出ていましたが、今月の9日から私の友人の荻野泰三先生が英語を担当しています。彼とは中学、高校、大学と同じでした。大学時代に志学ゼミを紹介してくれた恩人でもあります。そして今また、しばらくの間ではありますが一緒に仕事をすることになりました。不思議な縁を感じます。
私が受験生の時は、荻野先生の実家が塾だったので、夏休みだけでなく長期休みの時は、そこで朝から晩まで自習していました。教えてくれる人も監督する人もいない中で、自分達なりの予定表を作って、一日十時間やるぞ!といって、黙々と問題を解いていた記憶があります。休憩時間には話をするのですが、自習時間と決めた時間帯は、お互いほとんど無言でした。集中できないときは、集中していなくても出来ること(暗記科目を書いて覚える等)を進め、集中しているときは数学や英語の読解、理系科目などを進めていました。
仲間とともに、それぞれの目標に向かって、一緒に頑張るという感覚は今でも残っています。何かをやり抜いた、出来る限りのことをしたという感覚は自信につながります。志学ゼミでは受験生の皆さんに(もちろん受験生でない方にも)、そんな夏を過ごして欲しいと思っています。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック