父の教え~Part 2~

画像

先日、保護者様対象で「受験生の時間の使い方」についての教育セミナーを開かせていただきました。雨の降る中お越しいただきありがとうございました。

ここでは塾長が人生論を踏まえながら、お越しいただいた皆様にあった素晴らしいお話がありました。
いつもおっしゃいます。
「どの人が来てくれるかで話すことが変わる。来ていただいた人に満足してもらえるように練るんだ」
そんないつも練ったお話だから皆さんが満足して帰られているのだと思います。

今回のセミナーに私も少し時間を頂き話させていただきました。
テーマは「受験生のときの両親との付き合い方」でした。こんな声をかけられてうれしかったことや、こんなエピソードがあったということでした。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

セミナーの前に「このテーマで話してくれ」と塾長から話をいただいたときには正直受験に関しては全くといっていいほど両親と相談はした記憶がなかったもので困ってしまいました。
しかし考えてみると幼い頃から一貫して言われ続けてきたことが私の受験期にも言われていたんだと気付きました。それは

「自分の決めたことは最後までしっかりやり通す」

ということでした。

幼い頃、何か習い事を始めるとき、父から「自分で決めたことは最後までやれ。最低でも小学校卒業までは!!」と続けてやることを約束して習い事をやっていました。
途中やめたい時期もありましたがこの言葉があったので最後まで続けておりました。

その後、高校受験の際も進路先のことには一切何も言われず「志学に通っているんだから志学の先生に任す」と言っていただけでした。その際も「お前が決めたことだから最後までやれればそれでいい」と言ってくれたことを思い出します。

同様に大学受験の時もそうでした。進路についてはまったっく触れず、「やり通す」ことの重要さをいつも教えてくれていたように思います。

今思うと父から一貫して同じことを言われていたんだなぁと改めて思います。

自分で決めたこと続けることの大切さ、また一つ気付かせてもらいました。

皆様、ご清聴誠にありがとうございました。


岩崎

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック