「基礎力確認学習法」&「講習再開!」

 
画像
みんさんこんにちは!猛暑お見舞い申し上げます。

 志学ゼミ講師のソワ☆です。

 いよいよ夏も折り返し地点にさしかかりました。

 長い長い休みでしたね・・・

 もっとも…ソワ☆の休みは皆で海に行った1日だけでした…
 
 あ、あと、京都から友人が帰省していたので、いつものラーメン屋に行きました。
 髭先生が麺マシを頼んだらとんでもないものが出てきました…

 麺がどんぶりから完全に盛り上がっているのがお分かりでしょうか…野菜が別のどんぶり一杯に入っています…殺人的…
 
 それはさておき、なんと、学校側がこの猛暑のさなか、自習室のクーラーを休みの期間とめてしまうという暴挙に出たため、もっぱら自宅と図書館で勉強しました。

 前期でやり残してしまったものの補習(補修?)、後期のための準備で毎日机に座っています。

 巷では過去最高気温を観測したとかどうとか…

 ついに、教科書に書いてあった最高気温観測地山形が変わってしまうときがきたんでえすね。

 猛暑です。

 部屋でクーラーをガンガンにあたってから外に出ると、くらくらします。

 これは身体に本当に悪いことらしく、いろんな人に注意を受けました。

 皆さんも気をつけてください。暑いですけど、うちわを片手に!

 さて、こんな猛暑ではありますが、夏期講習の後期がはじまります。

 受験における天王山ですね。

 受験生の皆さんはこれからが根性の見せ所です。

 とにかく基礎をこの時機にしっかり固めて、秋から冬にかけて問題演習や応用問題、志望校対策を行いたいですよね!

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。
こちらもよろしく↓

学習塾ブログランキング



 これから有効な学習方法を皆さんに教えたいと思います。

 それは、各科目で、定番のある分量の少ない薄いテキストを軸に使って勉強していくことです。

 特に暗記が必要な科目です。

 夏の後半は問題演習が中心になります。

 問題を解いたら、すぐに解答を見るのではなく、わからなかった問題の該当する箇所をテキストから探して答えを確認します。

 書いてあれば、マーカーなどで色をつけたり、鉛筆で印をつけたりしてみましょう。
 そこにない知識は原則細かい知識だと思ってかまいません。大切だと思ったら書き込んでいきましょう。余裕があればでかまいません。

 大切なのは、常に自分が軸とするテキストに戻るという作業です。これを実行して下さい。

 ポイントは、定番があり薄いテキスト。それこそ1日で読めてしまうくらいのものがいいです。

 最初のうちだと薄いテキストだと、情報の羅列や簡潔な記載だけで済ましてしまうので理解といった面で使いにくいのですが、勉強が進むにつれ理解は深まっていきますから、そうなってしまった場合は、薄くて簡潔なテキストのほうが使いやすかったりします。

 政経だとハンドブックや教科書(清水書院か数研がいいかな…)ですね。

 
画像


 
画像


 教科書なんか、まさに理解の部分を教師に任せた作りなので簡潔です。ハンドブックは情報がたくさんのっていますが初学者のうちは使いこなすのに苦労するでしょう。

 今の時期ならば逆に最適のテキストになります。

 英文法なら英頻でしょう。青・緑英頻でいいくらいです。とにかくいっぺんに見渡せるツールを作りましょう。

 
画像


 この方法はソワ☆も実践していますが、かなり効果的だと思います。全体をみながら自分の弱点を克服していく。これからはそんな勉強を心がけてください!

 
画像

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。
こちらもよろしく↓

学習塾ブログランキング


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック