夏期講習の風景<ノルマの数学>

画像
夏といえば志学ゼミ恒例のノルマの数学があります。小学生から大学入試クラスまで全ての学年で行われています。小学生は毎日2問。中学生は3問から10問程度。高校生は毎回解いた数が白板に書かれていきます。500問といた諸君が出て参りました。

各学年のノルマの数学は全て過去の入試問題を抜粋したり改訂したりして作っています。各学年とも毎年改訂を繰り返しています。ですから講習んぽ始まる前が我々は一仕事なのです。

先日岩野講師が書いてくれましたが、彼の時にはもう既にノルマの数学は存在しました。偏差別にしたものをやりましたね。解いて帰る。解けない場合はその日9時までに電話してくる。1問に対するこだわり。そしてああでもこうでもないと悩む。講習にしかできないことであり、まさしく講習の風景なのです。

彼(岩野講師)も良く覚えていますね。ですから今や中3のノルマプラスアルファアを厳選してだせるのかもしれません。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。
こちらもよろしく↓

学習塾ブログランキング


今日の一問は本来は解説しない問題なのです。こうですか、ああですかと何度も提出する。

そして4Fでは高校生が解いた数を一覧として白板に記入しています。教科書レベルの基礎ノルマの数学、教科書のまとめレベル、センター基礎問題集、標準レベル、私立レベル、私立理系レベル、国立二次レベルに分かれています。

理系大学入試クラスは「大学への数学」を毎回解いていますね。高校生の今日の一問はノートをフルに使います。

各自で一番後ろに○、△、Xを記入していきます。そして8割にいたっていない場合はやり直しになるのです。ただパターンになっては困りますから、間違えた場合は説明はしますが写してはいけないのです。説明をした後もう一度解いてみるのです。そこで分からなかった場合はもう一度説明を受ければいいのです。

自分なりのやりぬいたものがそこにあります。

塾長
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。
こちらもよろしく↓

学習塾ブログランキング






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック