夏期講習中の風景(末次)

画像


夏期講習中の風景
 高校2年生、受験生文・理系数学クラスでは全体で進める数Ⅰ・Aのジャイロ(センターレベル)と、個々にノルマの数学を解いていきました。ノルマの数学は教科書練習問題となっていますが、知らないと出来ない問題も多く、なかなか歯ごたえがあるようでした。
 受験生の理系クラスでは数Bの数列・ベクトルが苦手な人が多かったので、講習中は重点的に解説・説明をしていきました。
 数列の問題を解いているときにある生徒から質問がありました。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


「漸化式って何ですか?」
「漸化式は、例えばan+1=an +2nとかがあるね。見たことないかな。」
「それは、階差数列じゃないんですか?」
「そのとおり、階差数列だよ。」
「??」
「数列には、一般項という表し方と、漸化式という表し方の2種類があるんだ。等差数列や等比数列でも漸化式で表すことが出来るんだよ。」
「どうなるんですか?」
「例えば等差数列で2、5、8、11、14、…という数列があるとすると、間の差がそれぞれ一定になっているよね。その差の3を使ってある項と次の項、an+1an との間の関係を式で表すとどうなるかな?」
an+1=an +3 になる。」
「そうだね。その表し方を漸化式っていうんだ。」
「なるほど。わかりました。」
「OK。それじゃぁ漸化式 an+1=pan +qについての解き方を、考えていこうか。」
と、いった感じで講習の授業は進んでいきます。
 一つ一つ疑問点を解決して、一歩ずつ目標達成に向っていきましょう。


人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック