“ひたすら”解いたものは報われる?

画像


 こんにちは、志学ゼミ高校部担当の末次です。志学ゼミでは大きく分けて3つのクラスがあります。全体クラス、自立クラス、個別指導です。今日は私が担当している全体クラスの中の高校2年生の数学について。

高校部では、基本的に一般・推薦受験を考えている生徒を対象に授業を進めています。学校の定期対策も行いますが、メインは大学入試のセンター対策や記述対策になっています。数学の方は9月中に数Ⅱの積分を終了し、数Ⅱ・Bが一通り終了することになります。10月からは数Ⅲ・Cを受験で利用する生徒と、Ⅱ・Bまでの生徒に分けて授業を行う予定です。

国公立や医学部等の人気の高い学部を目指す生徒は、夏から必死で勉学に励んでいたことと思います。ですが、大多数の生徒にとっては、9月に学校で文化祭などの行事があり、本格的に受験モードに入るのは10月からといったところでしょうか。

“ひたすら”解いたものは報われる?実は今積分を行っているのですが、すんなり進めています。それにはそれなりの理由があります。夏期講習・8月の集中授業があってこそ9月があるのです。8月に微分を時間をかけて解いた。だから今…そうなのですね。数学はつながっているのです。

じつは私は高校二年の夏、チャートを解いていましたね。全く分からないものもありました。何時間もかけたものもありました。全て一発でびしびしとは解けませんでした。ですからみんな時間がかかるのも分かる。しかし時間がかかっても解いてほしい。それが高2の夏なのです。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


そうですね。Kさん、一問解くのに15分かかった。フーフーいいながら微分の最大・最小、方程式という問題を解いた。だから今、積分がすんなりと進められる。
私は付き合いますよ。
ひたすらは英語だけではない!
数学部もやりますよー!

さて、現在進めている積分の範囲は大学へ入ってからも頻繁に使う計算・考え方です。微分とセットにして計算の仕方や公式を覚えていくように授業を進めています。微積は量子力学、電磁気学、ニュートン力学、熱力学、プログラミング、データ解析、統計処理、等々と多くの学問・場面で使われます。

大学へ入ってからも使うという意味では、非常に重要な範囲と言えるでしょう。理系の生徒にとっては必須です。文系でも知っておいて損はないところです。その為夏期講習、8月集中授業を通して、なるべく詳しく扱っていきました。今はまだ計算の仕方と微分との関係までですが、今後は積分の持つグラフ的な意味や定義についても伝えていきます。段々と面白い(=考える)分野に入っていきます。数学の楽しさを是非皆さんにも味わってもらいたいですね。
   末次

追記:先日の私のブログに対して、あるお母様から暖かい声援のメールを頂きました。有難うございます。今後も精一杯頑張っていきます!

追記2:荻野先生おめでとう!司法試験合格の報せを聞いて嬉しい気持ちで一杯です。何度もブログに出ていますが、書かずにはいられない。そして、自分も負けていられない。中学・高校・大学?時代、そうであったように、今後もお互いが刺激となり、切磋琢磨し合える関係でありたい。ではまた!

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック