志学の進路指導<中学・高校入試>

画像
9月は午前は学校訪問、午後は大学、高校、中学の個別路相談が続いています。春に皆様の方針を聞き、夏に学校訪問をした語本人お話し、再度9月に保護者様とお話をするのが志学ゼミの進路指導です。秋からは納得いくまでの進路相談がくり返し行なわれます。

中学、高校入試はまずはご家庭の教育方針。ご家庭の考えがまずあって、それに合う学校を考えるべきです。最初に学校ありきではいけません。

中学、高校では通っている生徒の様子、服装を見ることが大切です。そして想像してみてください。ピンと来ないのであれば向いていないのです。

学校説明会ではいことしかいいません。マイナスのことは言う必要がありませんから。しかしプラスもマイナスも考えた上で進まないと過度の期待は過度の失望を生みます。

「こんなはずではなかった」という話はよく聞きます。ですから良いところ悪いところといいますか、できるところできないところをはっきり言える学校が良い学校ともいえます。

中高一貫校は中学の様子もさることながら高校の様子、内容を知る必要があります。またこうする、ああするという表現はありますが実際にそうなるとは限りません。もちろん学校の意欲は評価していますが。

また学校を選ぶ際の優先順位を決める必要があります。共学、男子校、女子高。私立、都立、国立。家から何分まで。特定の部活がある学校。進路実績。校則が整ってる学校等、何を優先にするのかを考えてから選んで訪問すべきです。

そうして訪問の際には質問内容を考えておく事が大切です。

高校入試では都立が第一志望ですと私立が第二志望となります。その際も必ず訪問しお子様の通われているところを想定する必要があります。志学ゼミでは特待生を滑り止めにする場合が多いのですが、要は選べることが大切なのです。

逆に私立が第一志望ですと、中高一貫、大学附属等の特色を踏まえておくことですが附属は受験体制があるかないか。またその学校を押えにできるのか、大学の学部、またその場所を確認しておく必要があります。

いずれにせよ私立は公立よりも進みが早く内容も難しい場合が多い。学校は教育をするところで勉強は自分でするスタンスをもって考えておかなければなりません。学校は個人的な補習をしてくれるところは少ないといえます。

私立の多くの方はその進行の早やさや理解力のために塾に通われる場合が多いのです。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。
こちらもよろしく↓

学習塾ブログランキング


いい学校の私の条件とは何か?

通っている生徒に対してその様子が即答できる学校です。私は塾生、卒塾生が通う学校へは必ず訪問します。そこで生徒のことを聞きます。気になるから聴くわけですから答えられないと失望を感じます。

厳しいようですが~先生はご存知ですかと次々にたらいまわしにする学校。とか私は現場で教えていないのでといった対応では話になりません。そうですね。入る時にはいいことを言って・・・ですね。

また特進コースを設けて進学実績を売りにしたい気持ちは分かりますが、他のコースの説明がおまけに聞こえる学校。進学実績の伸びの予想はされますが学校の教育方針は?という学校。

ですから学校は良いところ悪いところではありませんが、やはり「できること」「できないこと」があります。志学ゼミもそうです。そこに全てできるような対応をアピールするところは逆に不安です。

学校訪問の際には事前に気になることをメモしておき質問を個別相談ですることが大切です。
またV模擬、内申等のデーターをもって事前に相談することが大切です。志学ゼミでは訪問される前におっしゃっていただければ話を通しておきます。

最後に登下校の生徒の様子をみること。挨拶ができる学校がいいですね。

塾長
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。
こちらもよろしく↓

学習塾ブログランキング


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック