定期テストが終了すると講習モードに入ります

画像
中3生は定期テストが終わるといよいよ受験モード最高潮になります。定期テスト終了者から期限付きの課題の確認。そして早くも講習テキストが配布さます。定期テストが終了すると講習テキストにいち早く入っていきます。全体的にも講習までに再度得意、不得意な点を確認し、コーチングを受けてもらいます。

各学年とも、担当講師が一人ずつ塾生と話を聴き、目標の確認とそれに対して何をしたらいいのかを話をします。

中3、高3生は志望校の最終確認。また志望校に対しての得点のシュミレーション(倍率を考慮して話します)を行います。そして個々に作戦を考えます。高3生は受験する学校の合格発表日、手続き締切日をスケジュール表にして話を一人ずつ聞きます。そのうえで保護者様の了解を取っていただきます。

あくまで「受けさせていただく」「受験させていただく」なのです。

中2、高2生は目標校の設定。目標校に対する偏差、内申の目標。将来の夢からどんな進路をとりたいのか、また得意科目の確認をしていきます。また日ごろの勉強法の確認、やらなければならないことの順位の確認。そして各自が目標設定をしてまいります。

中1、高1生は将来の夢から進路に対しての希望を話していただき高校、大学のお話をしていきます。高1生はそこから文系、理系を考え科目の勉強法の確認(選択科目の確認は終わっています)を行います。もちろん何が進んでいて、何が遅れているといった内容は確認し何をしたらいいのかに気づいていただきます。

小学生も将来の夢についてお話を聴きます。そして勉強する意味「なんで勉強するのか」に気づいていただきます。根っこの話をしておきたいと考えています。
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


例年思うのですがクラスにはクラスの特色があり教えるほうも同じ内容はありません。今年はもっとこれをやっておかねばと考えたり、ここはいいけれどちょっとこれはなど再度教材を作り直したり。

一期一会なのですね。やはり一度きりという気持ちで現場はいないと新しいものは生まれてきません。

今年の中3にはもっと理社の繰り返しのものが必要かなあと感じましたので、早速ビデオを取り始めました。教材を夜中に少しづつ作り始めました。パソコンで取り込んで繰り返してみることを前提としています。

本当に忙しい時にさらに忙しくしていますが、何かできないものかと日々思い、思い立ったら実行してみる。走りながら考えたりもしておりますが、立ち止まるわけにはいかないのです。

前へ、前へ。

塾長
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック