受験勉強・そのほかの試験勉強の計画の立て方。

 
画像
みなさんこんにちは。外の気温の低さと中の温度の高さの差に戸惑う志学ゼミ講師ソワ☆です。
 
 本日志学ゼミでは、塾生さんの受験までの最終計画を練るために、計画表を作製しました。

 そのときふと思ったのですが、みなさんまだ計画の立て方がよく分かっていないみたいです。

 「努力する」「がんばる」「完成する」などなど書いてくれたのですが、それはあくまで大きな目標であって、計画に大切なのはその具体性です。そして、その具体的な行為に対する結果の予測です。

 では、どのように計画を立てるのか?

 ソワ☆は何回か書きましたが、今一度かかせてもらいます。

 まず、計画で一番大切なのが・・・「目標」です!

 なにか計画を立てるのですから、その計画には必ず計画を立てて達成すべき目標があるはずです。そうでなければ計画など立てる意味がありません。

 では、その「目標」について大切なポイントとは???


ブログランキング
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

 まずは、大きな目標です。

 例えば、受験生なら「○×大学合格」ですよね。

 その目標が決まったら今度はその目標を達成するには、どれだけのことをしなければいけないのかを考えます。
 
 例えば、「○×大学」は偏差値60だから、直前の模試で偏差値は65をとらなければならないとか、1ヶ月前に過去問を解いたときに平均8割が取れるようにしておかなければならないといったことです。

 今度はそうだとして、その域に達するまでにどの位のことをやっておかなければならないかを考えましょう。

 例えば、模試で偏差値を65にするには、英頻(赤)を8割がた完成していなければならない。そしてそれは夏までにやっておかなければいけないなどですね。

 そして、このように、大きな目標を立て、そのためには何が必要かを一段階一段階考えていったら、今度はそれをいつまでにやるかです。

 1月前には何が出来ていて、3月前には何が終わっていて、半年前には何に取り掛かっている。

 このように、計画は立てていきます。

 目標→手段→期限ですね!

 この三要素が組み合わさって初めてちゃんとした計画になります。

 それに加えて重要なのが具体性です。

 具体性については来週またお話したいと思います。


ブログランキング
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック