ちょっといい話4<O君との面接>

画像
大学入試の進路面接はもちろん志望校のこと、合格発表、手続き日をふまえて行いますが。やりたいこと、悩みなど様々なことについて話を聴きを考えます。持病があるO君は最近まで休みがちでした。そんなO君と話す機会がようやく持てました。

12月、それぞれの進路について何度も話をしてスケジュールも組みました。その中には浪人のO君の姿もありました。持病を持っているO君と少し話しながら出てきた言葉がいくつかありました。

O君が病院へ行くまでの時間でした。持病があることでどうしてもそのことが気になるよね。今年ね、私もゴルフ肘、テニス肘になったんだよ(ちなみにゴルフもテニスもやりません。)文字の書き過ぎではといわれましたが、整体や接骨院もいったんだよ。実は7月から何カ月も治らなかったんだよ。実はぎっくり腰もやっていて大変でした。

そんなとき、雪の結晶に「ありがとう」というと形のきれいな結晶の形が写真に撮れた。残ったご飯に片方は「ありがとう」片方は「ばかやろう」といってラップをした。という話を読んだ。やっぱり「ばかやろう」といったご飯は早く腐った。

人間にはね。プラスマイナスの両方のイオンがあるんだ。プラスとマイナスのバランスがとれているからいいんだ。マイナスイオンは軽いから離れやすい。だからマイナスイオンは体にいいといわれるんだ。

私は体の動く部分に「ありがとう」といってなでてみたんだ。そうして最後に「右肘」をね。そうしたらある時、気がついたら治っていたんだ。

プラスのエネルギーはプラスを呼ぶんだね。

いいかい。天が落ちてきたらどうしようと心配しても仕方がないだろ(杞憂)。「人間は必要とされる時まで生きられるんだ」。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


君は今こうして生きている。君は将来、中世史の研究をしたいと考えている。それは考えがまた変わるかもしれないがそれはそれでいいんだ。何かをやりたい、そして誰かに伝えることで誰かが喜ぶんだ。

研究して、発表しないといけないから自分の世界だけにこもっていては相手には伝わらないんだ。その研究はまた誰かが評価する。そして気がつかないことがあったことにも気付くのだ。

司法試験に受かった荻野先生は1点差で落ちたこともあるんだ。京都から私のところにきて何が足らなかったのでしょうかと尋ねたこともあったよ。彼だって現役の学生で受かった諸君と比べれば6年の浪人期間があったんだね。それは彼にとって無駄なのだろうか?そうだね。無駄なことはないんだ。彼にとってそれは必要だったんだね。
 
僕も浪人したことは意味があったんですね。とO君。そうだね。無駄はないんだね。そしてみんな、君の合格を待っているからね。

そうだね。だから君もこの入試カレンダーに予定を書き込んで誰かの合格を喜ぶんだ。

塾長

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック