センター概観と一般に向けて

画像


 みなさんこんにちは、高校理数担当の末次です。センター試験も無事終わり(停電で大変だった生徒もいますが)ほっと一息つきたいところです。が、本番はこれからです。志望校の一般試験に向けて対策をどんどん進めていかなければなりません。記述、論述のある生徒はその対策を中心に、ない場合は赤本等の過去問を中心に進めていくことになります。小論文が必要であれば、その対策もしていかなければなりません。とにかく次の試験に焦点を当てて、集中して取り組んでいきたいですね。

 さて、今回のセンター試験についてですが、数Ⅰ・Aは昨年度よりは易しくなっていました。全国予想平均点は66%(河合)、志学ゼミの塾内理系平均点が93.0%、文系、文理系を合わせた全体平均点も85.4%となっていて、センター対策をしっかり進めてきた生徒であれば高得点が取れる試験であったと思います。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


数Ⅱ・Bの方は昨年度と難易度的に変化はなく基本事項をいかに素早く、正確に解けるか、が問われた設問だったと思います。第1問の問題は少し難易度が高く、指数に対数が乗っていたり、相加・相乗平均を利用する問題が出たりと見慣れていない生徒は苦労したでしょう。全国の予想平均点も50%前後で昨年度同様高得点の取りにくい科目となっています。塾内平均点としては65.3%で全国平均よりは上まわりました。確実に高得点を取るためには時間制限付きの演習で何度も類題を解いていく必要がありますね。

 理系の生徒はほぼ押さえる予定の大学はセンターで押さえられそうです。一般に向けて理科Ⅱの範囲や数Ⅲ・Cの対策を再開し始めました。センター試験が終わると気が緩みがちになると思います。第一志望の大学を思い浮かべて、合格の為に何をしていけばいいのか、もう一度確認し直し、万全の態勢で一般入試を迎えたいですね。最後の追い込み、気合入れていきましょう!
    末次
 
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック