相手の立場に立って

画像

こんにちは、小学生を担当している岩野です。
今日は先日の授業での出来事を書かせていただきます。
現在、小学6年生の算数は小6の算数の復習をしつつ、中1の数学の予習を行っております。
中1の数学の内容は、正負の数を勉強しています。
プラスの数とマイナスの数ですね。

小学6年生は初めてプラスとマイナスの違いを意識しながら問題を解いています。
授業中の6年生は真剣にその新しい内容を聞いていて、中1の内容にも関わらずよく理解していました。
そして授業は進んでいき問題もだんだん難しくなってきました。
そこで自分はちょっとしたミスをしてしまいました。
問題を解いているなかで、1/0.5という計算部分が出てきたのです。
自分はそれをすぐに =2 と書いてしまったのです。
普段、高校生の数学も見ていて、これは普通なことだと思い込んでいてパッと書いしまったことが、実は小学生にとっては難しい内容だったのです。
すぐに同じ教室で授業を見ていた阿部先生から待ったの声がかかりました。
ここで初めて自分がやってしまったミスに気が付いたのです。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


小学生と高校生とでは経験や量も違えば、数字に対する感覚も違います。
初めて小学生を教えるようになったときはコレをやってはいけない、アレを使ってはいけないというものばかりで、どう教えたらいいのか分かりませんでした。
今では解き方や説明に対して、こうしたら分かってもらえるというものがだんだん分かってきたのですが、認識のあまかった部分が出てしまいました。

「常に相手の立場に立って」そしてどんなことを「発見できる」のかを考えないといけないのですね。
1/0.5 がいくつか分からなかったら、計算をしてもらえればよかったのです。
「分数ってどんな計算が出来るかな?」この一言で 1/0.5 = 1÷0.5 だと分かっていただけました。
その後、1/0.5 がいくつになるのか生徒達に計算して出してもらいました。
こういった求め方の経験を積んで数字の感覚を掴んでいくのですね。
日々出来るようになっていく子供たちに負けないよう、自分も精進しないといけないなと感じました。
今後も気を引き締めて小学生と向き合っていきます。


人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック