数学というものについて

画像

今月の新高校2年生は数Ⅱの図形と方程式の「領域」、三角関数の「加法定理」、数Bの平面ベクトルの「内積」を中心に勉強しています。
この範囲になるとテキストの内容も進んできて、問題も複雑なものになってきます。
今までの範囲の知識も含めての問題になるので、以前に勉強した内容も解く際に重要な部分を占めてきます。

授業中、生徒達が難しい問題に突き当ると大きく分けて2タイプに分かれます。
一つは意地でも解こうと考え込む生徒。
もう一つは諦めて問題を考えることをやめてしまう生徒。

数学は確かに知識が必要な部分もありますが、本当に大事なのは既に知っている知識ではなく、未知の問題にどう考えて対処していくかということなのです。
だから、解けないからと言って考えることをやめるのではなく、分からなくても自分なりに考えるということをしていきましょう。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


思い出して下さい
中学の時の塾長の授業
自分で考えて解いていくスタイル。
そしてあーでもない、こーでもないと取り組んだ思い出、ありますでしょ?
そこで悩んだ経験が後々生きるのです。
そして一本の線をさっと言われる、そしてここまでと言われた、そのくやしさ、どうしても解きたかった(それは私自信ですが)
そんな経験が今の私を支えているのです。(僕らもみんなできなかった

数学の成績は問題が解けたときに伸びるのではなく、たとえ解けなくても、問題を考えているときに伸びていくものです。
解けない問題ほどいい問題ということですね。
そういえば自分も昔に一つの問題に一週間も考え続けたことがありました。

どういった問題か今も覚えています。
中学の時でした。
でも、だれの手も借りたくはなかった。
そんな問題があるのです。
問題がそう自分にいってくれているような気がするのです。
やっぱり「問題は生きている」のかなあ?と考えたりします。
そう、だって人が作ったのですしね。

岩野

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック