甲運せんべい

画像


今日のお店紹介は甲運せんべいさん。

甲運→こううん→幸運

縁起がいいお店の名前です。
由来は、村の名前。
山梨県に甲運村という村があり、そこで修行し、
”こううん”というイイ言葉なのでお店の名前にしたそうです。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


やはり、冬でなくともおいしいお煎餅は一年中おいしいのかな、と甲運せんべいさんのお煎餅を食べながら考えていました。

とはいうえ、お煎餅がよく売れるのは冬。
冬なら買ってすぐにしけらないですしね。

お煎餅の敵?!は湿気。
買う立場の私としては、買ってから食べるまでの湿気が気になりますが、
作る工程も含めてお煎餅と湿気の関係を考えると、作る工程での湿気のほうが大敵のようです。

お煎餅は毎日4時から隣接している工場で作っているそうなのですが、作る工程が毎日同じでも気温や天気で少しずつ水の量や時間などが変わるそうです。

特に、雨の日は要注意。
晴れている日に比べて、焼くときにひびが入りやすいそうです。

割れてしまったり、ひびが入ってしまったものは店頭では販売していません。
もちろん、ポイッと捨てたりすることもありません。

甲運せんべいさんでは、店頭販売以外にも上野や浅草などのお店にもお煎餅を卸しているそうですが、その際、割れた煎餅などをひとまとめにして、久助として渡すそうです。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


インターネットで調べものをしているときは、その調べものに関連したキーワードで検索すると思うのですが、目的もなく検索してみたことってありますよね?!

たとえば、自分の名前でどんなページがヒットするのか。
そのような考えで今なんとなく「甲運せんべい」で検索してみたら、

続・幸運せんべいというページを発見しました。

そして、
「ところで「幸運せんべい」の名前の由来ですが、このお店の創業者が、十代の頃に東京に在る「甲運せんべい」というお店で修業をしたそうです。」
と書かれているのです。
また、
「荒川にある甲運せんべいと」

以前、「甲運せんべい」さんに言ったときに、昔は「甲運せんべい」というお店が数店あったと話していたので、
千葉にある幸運せんべいさんとは直接関係がないかもしれませんが、
このあたりは宿題ということで、次に甲運せんべいさんのところにいった時に伺ってみたいと思います。



塩崎

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック