夏期講習に向けて~改訂版!!英熟語~

画像
こんにちは 左之助 こと 講師中塚です

夏期講習に向けて準備が行われています。中3生も同様で、今新しい形式のテストを製作しています。というのは、「英熟語300」という必修英熟語を集めた冊子があります。
今回その冊子の新しいテスト問題(整序問題)を製作しているのです。簡単に言えば並び替えの問題です。

実はこの英熟語の冊子なのですが、僕が高校受験期に使われていたものと、内容は毎回改定されていますが、形式・姿が残されています。もう11年前のお話です。志学卒業後、約3年前に講師として戻ってきたときに、英熟語を使用していることにとても驚きました。さらに、英語動詞不規則変化表というものも、当時僕もやっていたものと同じものです。ですので、高校受験生と同じ経験をする、少し不思議な感じがします。
ブログランキング

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


しかし、やはり11年前と違うところがあります。先ほど述べた動詞の変化表は当時、両面裏表の1枚(現在のNo1,2)だけだったのにも関わらず、今は両面3枚(No1~6)までボリュームが増えています。さらに、テストでは日本語訳だけ書かれた問題で動詞の原型から過去形、過去分詞、現在分詞まで記述するのです。みんな平気な顔でやっていますが、当時1枚しかなかった僕にとっては、「みんな凄いなぁ」と思うのです。

英熟語も進化していました。当時の僕らの英熟語のテストは熟語の1単語を埋める形式でした。例えば・・・
「There is a bottle ( ) wine on the desk.」という問題だったのです。これ以上の問題はありませんでした。しかし今は、先の問題形式が第一段階で、次の段階は・・・
「There is ( ) ( ) ( ) wine on the desk.」のすべての熟語を埋める形式、
さらに次は・・・
日本語訳と「is/bottle/wine/desk/there/on/the/of/a.」が書かれた整序問題、今回改めて製作している問題なのです。
まだまだ次の段階があります。最後の段階は日本語訳のみのテストとなるのです。
計4段階のテストがあるのです。やはり最後までいける生徒はなかなかいないのですが、3年前今年の大学受験生のある生徒は、最後の段階まで合格したそうです。

ブログランキング
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


当時の僕らよりも数段難しい内容を取り組んでいるわけです。尚のことみんなを尊敬の目で見てしまうのです。
最後は英作文という目標を段階に分けて向かっていくのです。最後は英作文と塾長はおっしゃっています。(塾長も何百の英文を覚えてた経験があるのだそうです。)
現在、中学三年生は英熟語2段階目まで進んでいます。夏期講習から3段階目に進む生徒が出てくると思われるのです。何人の生徒が最後の段階まで行くのか・・・今年の楽しみでもあります。だからこそ、見やすい改訂版テストを作ろうと思っています。
中3生の皆さん期待しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック