尾張屋<お店紹介>

画像

本格的に暑くなってきて大部経ちますが、今日の私は空調の調子が悪い部屋にいたため、汗がだくだくでした。
暑い時にこそ、冷たいものではなく熱い物を飲んだほうがいいと聞いたことがあります。また、暑い時に熱い物を食べるのも必要だとも。
知ってはいても暑いと、つい冷たい物ばかりを食べて、夏バテになってしまうという悪循環に。

お店のブログを定期的に書いて、約2年くらいになろうとしています。
最初のお店紹介は、尾張屋さんでした。
その時は、ブログを書くなんて考えてもいなかったというのが本音です。

「尾張屋」さんは、先代のご主人が尾張の国で修行を積み、暖簾分けしておよそ一世紀も続いています。
そうと知っていた私ですが、自分の好みを優先した注文をしてしまいました。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


塾に行き、尾張屋に行ってきたことを報告すると、
「みそ煮込みうどんはな、長年修行しなきゃ、本物は作れないんだよ。」
「やっぱり、プロのお店に行ったら、そのプロが出す本物を食べてこなくちゃいけないよ。」
と塾長に教えてもらいました。
このことを知った室長は
「じゃあ、3人で行こうよ」と室長と岩野先生と私の3人で改めて尾張屋さんに行ったことをよく覚えています。
そして、3人で、みそ煮込みうどんを食べていると若女将がちょっと不思議そうだったことも覚えています。

志学ニュースでは、飲食店に限らず不動産やアパレルなど志学ゼミに関係のあるお店を紹介させていただき、その後、私がお店に行ってお話を聞いたりしています。
はじめのうちは、考えていなかったのですが、みなさんお店を経営している社長の方々。普通に買い物しているだけでは聞けないお話もしていただき、みなさんプロだなと感じています。

年上の方にこういうのは失礼かと思うのですが、尾張屋の若女将は、周りを和ませてくれるオーラがあるように思います。お話をさせてもらうと、温かい気持ちになります。
なので、尾張屋さんに行く時はお昼が終わったくらいに行って、いろいろなお話を聞かせていただいています。

商売ではいろいろな風習やげんを担ぐことが多いですが、
その一つに定休日が水曜日であること。
尾張屋さんでも「水曜日が休」だったそうです。
それは水は流れるからなど説はあるようですが、
「でも、今は月曜日ですよね」と聞くと、
「日曜日が忙しいから、じゃあ、定休日は月曜日にしよう、と話し合って決めたのよ。いつ変えたか忘れちゃったけど」と笑いながら若女将が話してくれました。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


尾張屋さんでは、だしをとるかつお節はお店で削って作っていそうです。
私なんかは、かつお節といわれると、すでに削られている状態のスライスされたかつお節を連想してしまいます。
しかし、削った状態のものだと、劣化がはじまることから、プロの料理人は風味を重視して使う直前に削ることが多いそうです。そして、尾張屋さんでもお店で削っているそうです。

お店の顔である「ソバ」は、先代のご主人が修行を積み、習得した自身のソバ。
大女将が「ソバは蕎麦屋でね」と言ってた通り、そば好きの方はぜひ足を運んでみてください。

塩崎


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック