わたしの学校紹介 岩並


画像


はじめまして。高校部生物担当の岩並です。
今日は先週の高橋講師に引き続き、私が現在通っている日本女子大学について紹介したいと思います。

まず、日本女子大学の所在地ですが、目白キャンパスは文京区(最寄駅:山手線の目白駅、有楽町線の護国寺駅、副都心線の雑司ヶ谷駅)にあり、志学ゼミがある田端からはとても通いやすい環境にあります。
もう一つのキャンパスである西生田キャンパスは、神奈川県川崎市の西生田(最寄駅:小田急線の読売ランド前駅)と、ちょっと志学ゼミからは遠いところにありますが、とても自然が豊かなところです。
目白キャンパスは家政学部・文学部・理学部が、西生田キャンパスには人間社会学部がありますが、私は家政学部に所属していますので、おもに目白キャンパスについて紹介したいと思います。

大学では大きい教室を使って大人数で授業を行う、というイメージが強いと思いますが、日本女子大では比較的少なめの人数で授業を行うことが多いです。なので、気軽に質問をすることができるし、教授もその質問一つ一つに丁寧に回答してくれます。
また、定期的に違う大学の教授や世界で活躍している方などをお招きしての特別講義などや、卒業生による就職ガイダンスが開かれたりするので、さまざまな分野について学ぶことができます。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


施設の面においては、学食が充実している、という点がいい点だと思います。
男女共学の学校に通う友達に話を聞くと、学食の食事を食べても量が多くて食べ切れない(量が男子を基準とされているため)、とかいうことをよく聞きますが日本女子大ではそのようなことはありません!また、学食にはビュッフェやサラダバー(そんなに立派なものではありませんが;;)があるうえ、そのほかのメニューも季節に合わせてフェアを行っているのでバリエーションが豊富です☆

また、女子大学なので、男の子には関係ないと思いがちですが、実際はそんなことありません!日本女子大学には、学習院大学・学習院女子大学・立教大学・早稲田大学の4つの大学と提携していて、お互いの大学の授業を受けることができる、というシステムがあるので、この4つの大学に通っている学生ならば日本女子大学の授業を受けることができます!科目は限られてしまいますが、大きな総合大学にはあまりない食物学科や被服学科などの授業もあるので、利用してみる価値はあると思いますよ!

このように講義や施設についてちょっと紹介しましたが、日本女子大学のいいところはまだまだたくさんあります!
もし、このブログを読んで、詳しいことを聞きたいという方がいらっしゃいましたらぜひ岩並まで、お尋ねください(^^*)
長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック