ひたすら英文法・更なるものへ

画像
毎日、岩野講師を中心に「ひたすら英文法」のDVDの見直しを進めています。これで完璧というものを目指しておりますが見直しても見直しても正直なところミスは出てきます。そのたびごとにチェックし修正していきます。

全国の10のモニター塾の皆様から寄せられたアンケート、こうしたらいいという意見を取り入れながら進めております。その中での気付きは多いですね。

おかげさまで「ひたすら英文法」のテキストは改訂版を8月23日に出すことができました。ありがとうございました。

作業を進めるにあたって「木を見て森を見ず」になっていないかという話をよくします。細かいことにとらわれて大きなことを見逃している場合がありました。

見やすくするためにページを変えた。文字の大きさを変えた。それはいいのですがそれに伴うアニメーション(下線が出てくる位置)のずれが出てきたり、雑音を除く作業をしながら違ったこんぷーたー音が入っていたりしていました。

これは何も作業にだけ言えることではありません。機械的に作業を行っているとその作業の目的を見失ってしまうことがあります。先日、鉄人が雑音が入らないためにどうしたらいいのかを考えなかった?とぽつり。

そうなのです。恥ずかしい話ですが、雑音が入ることは当たり前だと理系諸君も私もそうですが思い込んでいた節がありました。そうしてその作業に追われてしまっているとそのもとはどうして起きるのか、それを防ぐ手立てはないのかを忘れてしまっていたのでした。

まさに「木を見て森を見ず」になっておりました。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


そうしてさらなるものをつくりたいという気持ちは変わらないことはスタッフに感謝ですね。そんな中、鉄人は自分のミスでもない画面の取り直しをしましょうと提案してくれました。

DVD収録の雑音が入らない方法も見つかりました。それは鉄人自身が等倍え何度も画面を見直したから気がついたのです。何事もわからなくなったら現場で考えよとはよく昔から言われることですが、まさにその通り。鉄人の見直しはすさまじい時間と正確さが伴っているからこそ言えるのです。

小さな塾でそんな本やDVDを出したってなどとさんざん言われましたが、既存のもので満足いかなかった。もっと疑問や質問に答えたかった。そこからはじめたわけです。そして同じように悩んでいる全国の仲間にむけて発信したかったのです。

売らんがための商品ではなく、まず最初に生徒ありきの商品を作りたかったのです。

毎日、作業をつずけながらまたさらなるものを目指していきます。「満足したら伸びはとまる」。私たちも実践する一人です。みんながんばりましょう。

塾長
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック