九州屋<お店紹介>

画像


昨日は少し暑かったですが、
どんどん秋を感じるようになってきましたね。

体を温めるために、鍋やおでんなんていかがでしょうか。

今日のお店紹介は、九州屋さん。

尾久銀座商店街のちょうど真ん中あたりに位置しているお店です。
尾久銀座商店街にある本屋さん、南進堂の隣の隣。
看板には「おでん材料製造販売」と書いてあるお店です。

志学ゼミから歩いても遠くないお店なので、
商店街の中にあるので、お客様は地元の方だけかと思ったら違いました。

お取り寄せするお客様がいるそうです。ちょっと、びっくり。
お取り寄せがびっくりではなく、発送している先が鹿児島だからです。

看板に「おでん材料製造販売」と書かれているようには、おでんの材料に力を入れているお店ですが、その中でも特にかまぼこ。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。
こちらもよろしく↓

学習塾ブログランキング


「かまぼこ」と一口にいっても種類は豊富にあります。
はんぺん、イカ巻き、さつま揚げ・・・、名前は違っても、これらは「かまぼこ」。

かまぼことは、白身の魚のすり身に調味料を加えて練り、蒸し煮あるいはあぶり焼きした食品のことらしいです。
古くは細い竹を芯にして筒形に塗りつけ、その形がガマの穂に似るところからこの名がついたらしいです。

正直、このことを知るまでは、かまぼこ イコール 紅白の板かまぼこ だと思っていました。


「九州屋」さんでは、かまぼこはもちろん全て手作りです。かまぼこを作る工程に板付けという仕事があるのですが、今では出来る人が大変少なくなってきているそうです。また、揚げ物を揚げるだけでも、長年の勘とコツが必要とするそうです。

機械では出せない手作りだから、
口に入れたとき「おぉ!」と思うのかもしれません。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。
こちらもよろしく↓

学習塾ブログランキング


ご主人のお話によると、「少し前までこのあたりにも、3、4件のおでん専門店があったんだけどね。うちは、今でも専門店ならではの強みを生かして、豊富な品揃えと大量生産では出せない味で頑張ってますよ。”いいものを作れば、また、お客様は来て下さる”、これこそ、専門店の強みだと思っています。」と話してくれました。


寒くなってくるこれからが鍋やおでんの時期です。
九州屋さんのおでんを寒い中、フーフーっと頂くのはいかがでしょうか。


塩崎

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック