新鮮な感覚

画像
12月7日(日)は東京私塾協同組合の勉強会がありました。都立高校の傾向、独自作成校の傾向、そして私立高校の先生生徒の懇談会がありました。ありがとうございました。

都立高校勉強会では各塾の諸先生方が独自のプリントを作られ、そして予想をされていました。自分の予想もありますので一致していると,そうだなあとかんじながら違うと、なるほどと勉強をさせていただきます。

今年から地元の小石川高校が高校入試を廃止します。中高一貫のためです。そのためどこに流れるのかを考えておりました。やはり青山、駒場は高いようですね。今年は北園も高くなりそうです。都立大付属の影響は武蔵ヶ丘にでそうですね。今年の都立は倍率が出ますね。

毎年、予想をします。そして予想得点を出します。それをテスト業者の意見を聞いてチェックしますが、業者も責任がありますのであいまいにならざるを得ないところはあります。しかしそれも正直な話です。

勉強会の後、高校の先生方と懇親会に参加させていただきました。地元の高校の諸先生方は流石です。なんと私が挨拶をする前に先生のほうから先に声をかけていただきました。ありがたいことです。また日曜日も学校説明会がありました。K学園の先生から面接後にすぐにお電話をいただきました。ありがとうございます。

懇親会で名刺交換をさせていただいている時でした。人材派遣のK社の社員にも名刺をお渡ししました。それを受け取った若い女性社員が私の言葉に対して「わかりました」とはっきりと答えたのです。

久々の新鮮な感じを受けました。言われたことに対して「はい」とすぐ答えることは社内教育では当たり前かもしれませんが、なかなか実行には移しにくいものです。頭ではわかっているのになあなのです。私もそうでした。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


それも何も臆することなく自然に「はい」といえたのです。その顔を思わず見直しました。それをあとで彼女の上司にいうと実は入社一年目でまだまだわからないことが多いのです。ですから元気に受け答えをすることが身上なのです。とおっしゃいました。

しかし、好感がもてました。できる、できないよりも。お客さんの言葉に「はい、わかりました。帰って上司と相談してご連絡差し上げます」といえたのです。なんだか久しぶりに元気のある若者の張りのある声を聞いたような気がしました。

間違ったっていいんです。やり直せばいいのです。間違ったらどうしようよりも、間違ってもまたやり直してまたやればいいとある面で開き直るというか、自分を前面に出せばいいのです。いまはそれしかできないという思いが伝わります。

新人の熱き思い。はい。伝わりました。いいですね。新鮮な感じがしました。その初々しさはみんな持っているのです。私たちが現場に立った時もこうでした。しかし、慣れてきます。そしていつか当たり前のようになってしまいます。

ですから私は毎月何かが新しい志学ゼミと自分に課していたいのです。どこかで何かに対して新しく、新鮮でいたい。そのために何をするのか。それが現場で私たちの仕事です。

塾長

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック