私の大学紹介 法政大学 安田弘希

画像


 志学ゼミ卒業生の安田弘希です。私が通っているのは、法政大学デザイン工学部都市環境デザイン工学科で、2007年、法政大学市ヶ谷キャンパスに新しくできた学部です。この学部は、元は小金井キャンパスにあった工学部の学科がなくなり、「建築学科」「都市環境デザイン工学科」「システムデザイン学科」の3つがデザイン工学部として市ヶ谷にできました。

その1期生として、都市環境デザイン工学科に所属しています。見たとおりで、学科名が長いので、学校では都市環と略されています、なのでここでも以下、都市環とします。


 都市環は大きく3つに分けて「都市プランニング」「環境システム」「施設デザイン」があります。簡単に言うと土木工学科が1番近い学科ですね。これらを総合的に、自由な都市環境デザイン工学が学べる学科です。デザイン工学部ホームページにもありますが、「美工学世紀へ!」と21世紀をデザインするという抱負があります。学科の授業は、JABEE認定プログラムとなっていて、卒業と同時に技術士補の資格が与えられます。
 

 今年の4月から、私は3年生になります。最初に市ヶ谷キャンパスと言いましたが、実際に通ったのは1年生の時だけで、現在は田町キャンパスに通っていて、市ヶ谷キャンパスから徒歩10分くらいの場所にあります。2年からは田町キャンパスがデザイン工学部棟となりました。もともと市ヶ谷キャンパスは文系のキャンパスで、自分たちが入学するまでに、校舎が完成しなかったために、1年間そちらに通っていました。2つのキャンパスは近くにあるので、文系の人達ともサークルとかで交流があるのは良い点だと思います。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。
 
 授業内容については、基礎から専門的なことと幅広いです。一番思ったのは、高校数学、物理はとても重要だということで、特に物理の力学は、高校の復習として最初から最後までやります。(F=maから!)高校でやった人もやってない人も、必修なので皆やります。だからしっかりやっておいたほうが良いですよ(笑)


 研究や実習では、2年までではそこまで多くありませんが、今まででやったことでは、自分たちで設計した橋の模型をつくり、強度を測るためにつくった模型を壊す実験をしました。班ごとでそれぞれ色々な設計を見ることができておもしろいです。他には、セメントの粉をもらって、好きなものを混ぜて強度を上げる課題とかありました。


 実習では、測量実習などがあります。昔の測量技術を利用して、校舎の周りを測り、真上から見た校舎の縮尺図を描きました。昔の技術者が考えた方法は、今ではコンピュータや機械で簡単にできますが、昔の方法も今と同じくらい正確な測量ができることには感動しますね。他には、フィールドワークと言って、市ヶ谷周辺の地域を自分たちで歩き、現地調査をおこなって、問題点・改善点などを挙げて実際に都市プランニングをするものもありました。

区役所を訪れ、話を聞いたり、現在おこなわれている、または予定している都市計画の資料をもらって、それを元に考えたりと、自由にできます。インターネットなどで調べるよりも、現地へ行ってみることで、より詳しく知ることができます。


 この学科だけではないですが、1番必要なのはプレゼンテーション技術ですね。自分の考えを発表するということがとても重要だということを、何度も言われました。色々な授業でプレゼンをする機会があります。


 学科に興味をもったらぜひ受けてください!同じ授業で会えるかもしれません…(笑)

安田

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

この記事へのコメント

KENGO
2009年01月21日 17:50
今年僕はここの学科を受験します
とても参考になりました
Y
2009年02月04日 08:26
工学部の都市環のものですw
なんかあんまやってることに変わりはないみたいですね。シラバス見ると若干デザイン色が強いかなくらいで。

この記事へのトラックバック