私の大学紹介 拓殖大学 宮川まどか

画像
 こんにちは。拓殖大学商学部国際ビジネス学科3年の宮川まどかです。今回は私が所属する学部と学科についての紹介と、その学科でのお勧めの授業を紹介させていただきます。
 
商学部は1・2年を広大な八王子キャンパスで、東京とは思えない空気の中で過ごし、3・4年は交通の便がいい茗荷谷キャンパスでキャンパスライフをおくることができます。

 商学部には経営学科、会計学科、そして私が選択した国際ビジネス学科があります。

 私が国際ビジネス学科を希望した理由は、商学部として、マーケティング・簿記・商品・流通を学ぶことができ、そして国際ビジネス学科としては国際取引論、貿易論そして英米語学科の次に多いといわれている英語の授業が受けられるからです。私は大学を卒業したら航空業界で働きたいと考えていたので、私にとってこの学科はピッタリでした。また、旅行業界、ホテル業界、フライトアテンダントなどを志望する方にもあっていると思います。

 国際マーケティングや国際取引論など名前からして難しそう、と思うかもしれませんが、グループを作り大教室でプレゼンテーションなど、生徒参加型の授業や、学生が理解するまでしっかり細かな専門用語を先生が説明してくれ、その確認テストも度々行われるので、理解した、知識が身についたというのが感じられます。

 英語の授業はレベル別に分けられ、少人数で行われます。その為生徒一人ひとりにあったレベル、ペースで授業が進められ、少人数なので先生も学生の能力を把握することができます。私が1年生のときは、メアリーポピンズの英語版を読んだり訳したりしました。そして、その映画から聞き取りをしてリスニングの勉強をしました。そのおかげで普通の教材より楽しく勉強できました。


人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


 次に私がお勧めする面白い授業の紹介をさせていただきます。

 私が一番おもしろいと思った授業は、1、2年生のときに受けた「英語スピーチ演習」
です。この授業では毎回先生から日常的なトピックを含む政治・経済・社会・文化などの質問が投げかけられます。

 例えば「あなたは今、鎖で繋がれています。隣にはあなたの友達か恋人、家族が鎖で繋がれています。今から1時間以内にあなたの横にあるスイッチを押せばあなたは逃げられます。しかし隣にいる人は死にます。もしあなたが押さなければ二人とも死にます。さてどうしますか?」この質問に対して、もしあなたが「押します」と答えればどうして?そしてまたその答えにもどうして?と、どんどん質問されます。それをまとめてクラスで発表します。このことで自分の意見を論理的に英語で述べることができるようになりました。

 最後に簡単に拓殖大学の留学制度について紹介させて頂きます。

 拓殖大学は留学制度も充実していて、海外提携大学は20カ国37大学あります。商学部はセントラル・ワシントン大学で学ぶ商学部独自の留学プログラムがあり、短期研修と学部間交換留学があります。しかし他学部の留学プログラムにも参加できます。私は一昨年の夏から7ヶ月間、外国語学部の留学プログラムでオーストラリアに留学しました。とても充実した7ヶ月間でした。
以上で拓殖大学商学部の紹介を終わらせて頂きますが、拓殖大学に興味を持った人は是非拓殖大学へいらしてください。
ありがとうございました。
宮川まどか

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック